ブログ「素良の舌」

多田祐子展始まる

キャプッションおよび照明が整い、9日間の多田祐子展第63回がスタートした。
立春の一日は温かな春の陽気。
展示模様をアップしておきます。どうぞお出かけください。

入り口 3階の看板 1階のエントランスにもあります
墨絵とオイル(油彩画)
油彩画の6枚

平成平和賞

2月1日。個展の準備を終えて帰宅すると、小荷物が待っていた。
開包すると、「平成平和賞」という表彰状。
「平成の終わりと新たな時代の幕開けを記念して」というもので、
1月31日付けであった。
一般社団法人世界芸術文化交流会 代表理事さんから。

平成の終わり。チョッピリ淋しい気がする。
しかし仰る通り新たな時代の幕開け、に違いない。
有り難うございました。アップします。

戴いた表彰状
一般社団法人世界芸術文化交流会 代表理事さんから

続きです

飾り付け終了

2月4日からの展覧会。今しがた飾り付けが終わった。担当のSさんがキャプッションを誂えている。大きさにこだわって、試し印刷。もう出来るが、こんな感じです。
照明がやはりこれからです。

探し物

先日亡くなられた哲学者、梅原猛さんから頂いた一枚きりの葉書を探した。
京都左京区、哲学の道のなぎの木のある神社を思い出す。
二時間半。見つからなかった。あまりにも大切にしてしまった模様。是非見つけ出さねば!
中河与一先生(天の夕顔の作者)からのおびただしい手紙、葉書はほとんどまとまってある。
まああちこちにあったけれども。
そんな中で、近松麗江さん、女優さんからのお手紙が出て来た。お引越しをしたということの
お知らせ。私の絵を一枚お買い上げくださった頃、確か第2回目の展覧会だったから、43年くらい前。
フランスのロワール地方にあるシュノン城へのアプローチを描いた絵。
宇奈根に引越したことが知らせてあった。
古いポエムのなぐり書き、短歌の草稿もあった。
忘れていたものの中に、白黒の写真が。ニューヨークに初めて行ったときのもの。
カメラマンはプロの方らしく、名刺も入っていて、写真の裏には、しっかりと
JAREK IWANSKI とある。四枚のうちの一枚を掲示することに。
Mr. JAREK IWANSKI 、 Thank you.

あれから28、9年が過ぎ去った。ソーホーでの展覧会を1ヶ月開催して、都合3ヶ月ニューヨークに
滞在した時のもの。髪の毛は残念ながらこんなには無い現在。
あとは言わないでおく。

From Photographer. JAREK IWANSKI
1991年2月

日本フランス文化芸術友好協会からの楯

今しがた届いた小さな小包を開梱すると、思ってもみない楯が。
日本フランス外交関係樹立160周年記念 日本フランス芸術文化賞 とある。
(贈) 日本フランス文化芸術友好協会 〜2018年度〜 とされて。

昨日誕生日だった私へのプレゼント!
なんだかあまりよく知らないが、頂いておきましょう。
阪神淡路大震災後誕生日を祝って来れなかった。
夫にも報告しましょう。 有り難う。
Merci beaucoup

日本フランス文化芸術友好協会 からのプレゼント

新春サムホール展・スマートシップギャラリー

スマートシップギャラリー恒例の新春展が開催中。サムホール4点を出品してあります。
2日目の火曜日に早起きをして行ってきました。
イノシシ歳生まれの私。瓜坊を2枚描きました。目の前に瓜坊がいるわけではないので
大体の感じで描いてみました。
あとの二枚は抽象画です。

瓜坊の2枚と私の思い
サムホール

あけましておめでとうございます

正3日。音も無く時間がながれて行きます。昨日今日と「をんなの時間さまざま」 31 を
手作りしています。年賀状を作りませんでしたので、豆冊子をお届けしたいと、なんとか7日頃までには
発送を、と思いつつ焦っております。今回は100首になってしまいました。
ページ数が多いので、綴じる前には神経衰弱になる事でしょう。
パソコンでなんとか打ち終わりました。明日朝コピーして綴じます。
その冊子の一番目の作品と最後の作品を載せておきます。

頂戴の生漉き懐きて新幹線 きさい(后)の宮の好みし和紙とも ( 9月16日)

眠ゐる児にかしたる腕三日後の疲れは別物うれひ消たしむ (12月下旬)

せっかくの明るい絵が、日差しが強くて暗く写ってしまいました。
をんなの時間さまざま の表紙 &裏表紙

行く年 来る年

後2時間で2018年・平成30年が終わる。
何をしてきたか忘れてしまっている。20109年は亥歳。私は何度目かの“年をんな”。
まあ適当に良いことがありますようにといったところ。欲張ってはいけない。
夫と共に、もう少し生きてみようと思って、2月には63回目の展覧会を予定している。
今回は48点くらいの展示になる。一昨年、昨年に比べると少ないが、なにしろ気に入りの
絵の具がない。中粗めのキャンバスの準備も出来ない。
オイルパステル画を額装した。墨のドローイングも額装。油絵が少ない。
どうかご勘弁ください。

1月7日から新春サムホール展が下北沢のスマートシップギャラリーで始まる。4点出展。
24日からはミラノであるアートフェアーに7点出展。墨のドローイングばかり。ディレクターさんが
これで行こう! ということで。
また、パリのマドレーヌ寺院では27日28日29日と化粧箱展が開催され、私は「ウイーンの森の恋」
の絵柄での展示があることになっている。
イタリアとフランス。一日だけだぶっている。もはや、フットワークが悪くてついていかれない。
フットワーク?ようするにお足が無い。

今年一年間ありがとうございました。又来年もどうぞよろしくお願いします。
皆さまにとって素敵な一年でありますようにお祈りいたします。

マドレーヌ寺院での化粧箱展ご案内

作曲家 大中恩氏 逝く

わたしのペンネーム、「ささやかな」改め「河名千絵」のポエムに対して6つもの曲、しかも歌曲として、作曲くださった
大中恩氏が亡くなられた。12月3日。お葬儀のあった8日はあいにくと小田原での用事が前から決まっていて、参席できなかった。
せめてもの弔電で、大中先生とのお別れをした。
『大中恩先生、ご生前はありがとうございました。36年前にわたしのポエムにたいし6つもの曲をつけてくださり、今年の夏には初台
でのソプラノの独唱曲に編曲してくださいましてのコンサート。本当に嬉しい私の人生を飾ってくださり有り難うございました。
どうぞ安らかにお眠りください。』                               河名千絵 こと 多田祐子

というものであったが、6曲の題名は「ひとに」「あなたは眠りにつく」「何か手伝うことはありませんか」「光りの中」「月に」
「わたしたち」。「わたしたち」は合唱曲から独唱曲に編曲されて、2度歌われた。
写真は2016年7月3日に紀尾井ホールでしたかね、「おれとおやじ」と銘した“大中寅二生誕120年記念”コンサートにお招きされた
ときのもの。撮影は夫金城。遠くから写しておったのです。

今しがた奥さまの清子(北原聖子氏)氏に日付けの確認はしたのですが、会場の確認は忘れてしまいました。

2016年7月3日 紀尾井ホールで
大中恩氏
河名千絵 と名乗っているのです
夫が遠くから写していますので、そちらを向いて頂く
コンテンツの配信