• 72.7x60.6cm / oil on canvas / 2013
  •  90.9x72.7cm / oil on canvas / 2003
  • 90.9 x 72.7cm / 2005/ 非売品(not for sale)
  • 72.7 x 60.6cm / 2000 / 非売品(not for sale)
  • 27.3 x 22.0cm / 2007
葉山からの富士と富士宮の富士を詠む
富士ふたつ重ねて遠く見る不尽と
近くに仰ぐ不二を愉しむ
多田祐子の描いた作品のひとつ
説明です
  なかとみ
雨の日に紙を購ふちさき傘
身をこそ縮め渡る 富士川
 かいいわま
つばめ鳴く岩間の駅に つま 
来ると待つ間の雨の上がるきざしよ
  しおがさわ はだかじま
山峡ひに大島とふ名 塩が沢 波高島
心海にあくがる
  かひときわ
甲斐常葉 ときわの色は杉ならむ
ひばの若木に雨の降りそむ
  いちのせ
ひとつ駅すぎて市ノ瀬雨脚は
しげくなりゆく 昼顔の花
  くなど
久那土駅降りて道きく三人の
男の子自転車止めておしへ来
   
7月1日から6日までの富士宮市に於ける展覧会が終了
大勢の方にご高覧いただいた
8日が搬出作業7日は身延線で一人旅旅の様子を歌で
ご紹介することにします即興です
  よりはた
いたどりにからむ昼顔ゆらす風
駅は 寄畑つかの間の晴れ    
  うつぶな
たたなはす山並みかすみ 内船は
つばめせわしげ 人の影みず    
内船をすぎて富士川開削の
角倉了以を思い出しぬ
  かいおおしま
山峡に青田をみせて甲斐大島
少しく停車 いそがぬ旅路   
  みのぶ
かすむまま身延の山は見えずなり
久遠の響き 薄墨のかげ      

ロシア連邦の展覧会と富士宮市のまちなかアートギャラリー

 ロシア連邦のサンクトペテルブルクでの展覧会には予算がつかずに今回も行かれず終い。絵画の方は過去と今回と4回行き、過去にはそれらの絵が賞を携えて帰って来た。帰って来ずにエルミタージュ美術館の収蔵作品と成った幸せな絵もある。今回はエルミタージュ美術館の学芸員のかたの評論文が付いてくるそうな。7月7日には終了する。
 さて一方、静岡県富士宮市における第8回まちなかアートギャラリーに出品させていただくので、ここ2〜3日準備をしている。浅間大社のご近所で、インテリア加藤さんのお店に出品。2階のギャラリーカトウ。富士宮市にはたくさんのご縁をいただいている。1999年の「あおき」での個展、2008年のお宮横町「ぷくいち」そして「Rihei・蔵」と開催した。まちなかアートギャラリーは7月1日〜6日までの短い期間ながら大勢のアーティストが参加していて何やら愉しみである。今日はわたくしの処にご来場、ご高覧くださる方の為に小さいカードを作成した。夫金城のアイデアによる。「デビル」という5号サイズの小品。お店の1階のウインドウに展示する。全部で15点展覧しようと、シミュレーションを終わったところ。スタンプラリーもあって企画盛りだくさんの富士宮市まちなかアートギャラリーに是非お運び下さい。お待ち致しております。

デビル 5号
手作りハガキ
旧暦 5月3日梅雨入りとラジオのいう
妖精の住処草刈る 五月闇
移動うながす時をおきつつ
昨夜ワ|ルドカ ッ プサ ッ カ|
南アフリカ大会でカメル|ン
と対戦した日本が勝つ
ドキドキもんでしたが
なんと嬉しいことか 
ありがとう日本 
おそきかな ゆふづつ探さむ四日月さがさむ庭に
かはづの鳴き音
四日月は西空に見にいかなければならず
あきらめてしまいました
南から西にかけて小高い山があり木
々で見えませんでした

葉山茶

 先日夫が出張中で比較的のんびりした一日、庭の花壇に少しだけ作っているお茶の新芽を摘んだ。てんぷらにして自分だけ食べるのは罰当たり。お茶にした。ほんの40グラムほどの量。普段は京都のかりがねをいただいている。まろやかで夜に飲んでも眠られる。で、今朝は葉山茶を淹れてみた。6月5日に7〜8人集まるので、美味しい淹れかたを研究しよう、というわけ。茶の量と湯の温度の加減がまだ判らない。狭山茶の茶葉。25年程前に埼玉県のある庭先の垣根から実を失敬してきて育てたもの。すっかり葉山茶に育っているはず。かりがねとは随分かけ離れた味。土の匂いが混じっているかな? っていう具合。甘みはある。実験ばかりしていると無くなってしまう量。
 さて、今年は紋白蝶、紋黄蝶、蜆蝶があまり飛んでいない。先日黒揚羽が飛んでいて夫に報告したが、なんと毛虫も少なくて、カラーの花が虫に喰われなくて、立派に咲いている。毛虫は沢山いるとおもわず地面に落として踏みつけたりするが、今年は見つけてもそのまま、やり過ごす。紫陽花の葉はレース状になっていて、虫がいるらしいが、今年はやはりそのまま食べさせている。虫の姿が見えないから。いやな寒さが続くので昆虫たちも困っているらしい。そういえば今朝花壇の満天星躑躅(ドウダンツツジ)の徒長枝を
剪定。4本しかないので直ぐに終わる。朝露が蜘蛛の巣にあって、露が顔にかかる。椿と柘植の木は気分が向かずにそのまま。広くない庭。気分が向かず夏草がぼうぼう。
 ここまで打つうちに2本の電話。何を書くんだったか判らなくなっている。
 明日は望月。晴れるといいのだが。3日月の日にはビーナス(金星)との天体ショウが見られなかった。とても残念。

 ところで多田祐子の十八番「ブルーベリー五目ご飯」。よく作り方を教えてって言われる。とても簡単。ブルーベリージャムを砂糖変わりに使用。酢と併せる。ご飯を炊くときに、干し桜エビを少し入れて一緒に炊く。ほのかにご飯が桜色。ブルーベリージャムだけでは色が美しくならない。そこがポイント。五目は別に炊き合わせておく。ニンジンだけは砂糖で堅めに湯がいてザルに入れ粗熱を取っておく。これも色が肝心だから。あとは全部あわせるだけです。
お試し下さい。写真は3月30日に作ったもの、です。

ソムラップ殿下にお届けしたもの
ブルーベリー五目ご飯

フィレンツェから

 ボッティチェリ没後500年ということでそれを記念した賞「フィレンツェ美の珠玉褒賞」というものが届きました。アレッシオ・ガルヴァーニさんが評を寄せてくださっています。鮮やかな色遣いが巧みと見える作品。この一見無造作ぶりは実は全く無造作ではなく計算され尽くしているはずだ。とあります。「a key」という題名です。「Mitsuko」
を題材にしました。クーデンホーフ・ミツコのことです。明治の御代にオーストリア・ハンガリー帝国の貴族に嫁入った日本初の伯爵夫人の方を鍵仕立てにそして香水の壜もどきにしました。30号です。

a key
フィレンツェアートプロモーションコミティより
コンテンツの配信