• 13 × 11cm / oil pastels on paper / 2012
  • 17.9cmx13.9cm/oil on canvas/2009年/Sold out
  • 50x31cm / Collage / 2010
  • 162 × 130.3cm / oil on canvas / 2013
  • 27.3 x 22.0cm / 2007

Heart art in ASUKA 2015 始まる

 奈良県立万葉文化館での展覧会が始まっている。桜に染まった奈良のあちらこちらの道々が目に浮かび、駆けつけたい思いにかられる。急な申し出に押され、「斑鳩」という10号サイズの作品を持っていって頂いた。
明日香村の飛鳥に万葉文化館はあるらしい。奈良はそう度々は訪問出来る距離にない。京都にはよく行くのだが。
1993年の夏、「国際平和美術展」第一回国内展が大阪で開催された時に、前々日から行き、奈良の橿原神宮あたり、畝傍、法隆寺などを貸し自転車に乗って、一人でだったが、とても愉しんだことがあった。「斑鳩」はその時の印象だが、古墳群も目にしたりしたので、暑い夏なのにもかかわらず、少し趣が違っている。
そして、臙脂色の絵の具がもはや無くなってしまい、廃色のこともあって、厚塗りが出来なかった。混色してみたが、美しい色は出せなかった。よく似た色といっても、気に入らなかったことを思い出す。
 その後も夫と吉野に行く途中で、橿原神宮を参詣したり、2012年7月にやはり橿原神宮を正式参拝している。行って参詣したいと思っている石上神社にはまだ行かれず仕舞い。山の辺の道を散策するには、お宿を取らないと。この時は京都にもどり、仁和寺に行ったのだった。
 そういえば、信貴山玉蔵院に御神酒のラベルを奉納させていただいた年の秋、紅葉がとても美しい頃にやはり山に登って参詣。ラベル画が御神酒の白い瓶に貼られて、お供えされているのを、見た時には、思わず あっ! っと驚いた。展示会はとうに過ぎていたから。2010年の秋。平城遷都1300年記念における御神酒奉納収蔵展であった。
 吉野に訪問した時期も桜が残っている頃で、西行庵の庭には1本の大きな桜の木があって、満開は過ぎていたが、風情ゆたかな庵 であった。また行きたい西行庵ではある。とても一人では行き着けない径無き径を、笹などを踏み分けつつ行ったのはもうどれほど前だったか、忘れてしまったのです。

万葉文化館、飛鳥寺に近くのようです。桜見物ついでにどうぞお出掛け下さい。月曜日はお休み。12日までです。

探し物は見つからず

赤い表紙の旧い小さなスケッチブックを探す。生憎と3時間かけて見つからず、諦める。代わりに、1982年の5月に、スケッチしたものが出てきた。パリに行った時のもの。ル・サロンに100号サイズの桜の絵を出展して入選したので、訪問した時のもの。2回目のフランス訪問だった。
このときに、大好きな「木村忠太」の絵、版画だったが、2枚買って帰った。セーヌ川の辺に有った忠太の専門店に毎日通った。で、チョットオマケしていただいて 2枚買えたことを覚えている。勿論今も壁に飾ってある。
その時のスケッチで、硬いペンで描いてあるので、気に入らずに、しまいこんであったもの。
たしか、チュルリー公園でも、スケッチしたが、それが見つからない。
京都の東福寺塔頭 願成寺は 阿保親王堂に奉納させていただいた、「チュルリー公園・明日あいましょここで」50号の
絵のために、探したかった。
奉納の絵を決めていただく時に、現ご住職の明石和尚さんが決めた絵が、「明日あいましょここで」であった。
あゝ 親王さまもパリに行きたかったのね! と、その時に感じ入ったので、今度久しぶりに行く前に、探したかった。
行くのは6月。その前に京都に行き、親王さまにご報告したいと思っている。
1200年も前におられたお方。第51代 平城天皇の皇子。天皇にはなれなかった。叔父の2人が、天皇に。子に、在原業平、行平の兄弟が、大江音人もいる。

まあ、とにかく今昔昔のスケッチから拾います。
そして阿保親王堂に奉納の絵をご紹介します。

セーヌ川で
いまならば、怒られるでしょうね
ホテルではないかと思われる
明日あいましょここで 50号 願成寺 親王堂
チュルリー公園のイメージ

日本とドイツ友交都市提携20周年記念「絆」展から

たった今、届いたトロフィーです。
昨年の展覧会は、ドイツと日本の2都市で巡回。
クリエイト・アイエムエス(株)さんから届きました。
ありがとう。

トロフィー
横綱富士に対して
芸術大賞 とあります
ドイツ語辞書を持っていない私

Halloo Everyone all around the World.

I had open my new works 38th. before few weeks.
Please peep my new works. (WORKS P.1)
Thank you.

こんにちは
From Oil pastels. 16 x 14cm

パステル画

今日の一枚より。あまりに長く休みました。小手調べ的作品です。

愉し春
オープン戦
横浜 DeNA 対 巨人戦
友を呼びオ | プン戦に繰りだ
しぬホ | ムラン3本 満足の春
キンジ ョ ウ | 戻 っ てこいよ と
声の飛ぶ 横浜球場愉したのし
大学の後輩2人が在籍する
横浜 DeNA が 6 :4で
勝ちました後輩は今は2軍ですが
心荒むことの多い春でした
荒ごとの多き世の様 晴れや
らず居るとき集ふ同窓会愉し
横浜英一番館で

亜大の同窓会に参加しました

14日の夕刻からの同窓会に出席しました。亜大は野球が強いのです。一度箱根駅伝大会でマラソンが優勝を果たした時は、みんなでマラソンに応援参加しました。最近は残念ながら出場権獲得を逃しています。来年はどうかなぁ

昨日の同窓会は、昨年、横浜DeNAベイスターズに入団を果たした捕手の嶺井博希選手と、今年ドラフト1位で入団をした投手の山崎康晃選手の激励会であった。山崎選手は今日、3月15日が卒業式とのこと。昨日の同窓会の前にあったオープン戦で投げたそうで、戦果があったという。おめでとう続きで、横浜支部や、城南支部、神奈川支部、川崎支部、それに亜大硬式野球部の後援を受け、賑やかな亜大青々会の集まりであった。
嶺井選手の親御さん、博敏パパも沖縄からの参加で、華を添えられていた。
抽選番号が配られ、サイン入りのボールや、色紙、オープン戦のチケット、開幕試合のチケットなどがあって、私はくじ運に恵まれ、2008年に創部50周年記念企画のDVD「全力疾走」およそ1時間の記録映像を、手に入れた。
今、あらためて、プロ野球界で活躍している卒業生たちがたくさんいることを知る事が出来た。

スポーツを応援している卒業生のみなさんに、わたしの応援もお願いしようと、今年の予定を連ねて、手作り豆本歌集を添え、持参。宴たけなわを過ぎた頃合いに配ったのです。みなさんは????? 状態。
昭和44年度卒の多田祐子にはほとんどが後輩。しかも同級生は出席者無し。法学部には数人の女性しかいなかった時代。絵画の世界で生きていることをお知らせしました。

無論 野球応援します!

大学では東浜投手とのコンビ
プロ2年目 嶺井博希捕手
ぼやけ写真で失礼
ドラフト1位入団 山崎康晃投手

ハワイ大学からの収蔵証明書届く

昨年の12月に行われたArt Exhibition of KOTONASHI , ハワイ州立大学機構カピオラニ・コミュニティカレッジでの
展覧会の開催報告書が届いた。生憎と訪問は叶わず、寄贈のみに終わった。一般社団法人 世界芸術文化交流会の主催であった。
報告書と共に、収蔵証明書がもたらされたので、ご報告いたします。
絵画のタイトルは「草原の十字星」でした。

収蔵証明書
訳文です
かなわないな ぁ
なんて ち っ ぽけなんだ
存在 っ て
また 混乱の渦
天災にあらぬ
人災
安定 を欠いて
墓に参り
神にも祈る
仏教哲学者の鈴木大拙の
墓に参りました
答えはあろうか
コンテンツの配信