ようこそ多田祐子の世界へ

洋画家の多田祐子です。2007年6月から「Web サイト」を開設しております
<現在>
メディチ文化協会正会員
WAC世界文化交流会正会員
ハプスブルク芸術友好協会・宮廷芸術会員
ウイーン市芸術名誉市民
タイ国立シルパコーン大学客員教授 & タイ王室名誉技芸員
そして
NA SILPA (芸術の顔)の称号をタイ王国から2006・11・17 に
世界的名作遺産作家認定証 を選考委員長クリスティーヌ・モノー(ル・サロン会長)氏より2011・12・1 にいただきました
エルミタージュ美術館(ロシア)からは「友情と芸術の鍵」を2011・12・30 にいただきました
アジア文化顕彰 ソムラップ・キティヤコーン殿下(タイ王国王族)創設(2012.8.30)受賞
エルミタージュ世界芸術遺産作家認定 ロシア芸術協会 & 選考委員長クリスチィーヌ・モノー(2014.3.1)

認定に関しましては様々な国や市から頂戴しております。

また、次のところで展覧しております。  
【委託画廊:「Ashok k Jain Gallery 」ART d4】10 Grand Central,155East 44th ST. 6th Floor Suite 52 New York 10017
常設展示:「きままや」宮城県栗原市若柳川北新町裏250 090 2997 4465 
常設展示 : 「焼岳」奥飛騨温泉 奥飛騨ガーデンホテル & 朧

九谷焼の堀江祐夫子氏との共演

九谷焼で著名な堀江祐夫子氏との共演で、第4弾の黄色い皿が展覧会を終えて、私の元に届いた。
可愛らしいお皿。でもどなたもご予約くださらなかった。とにかく景気が悪すぎる。経済は回っているのかしら。まぁ私達には回ってきていない。されど、各美術団体さんは、休むことなく次々と企画され、その幾つかは私の元にも話しがくる。
困りつつも、その幾つかは出品料という、協賛費用をどんなにして捻出しようか考えつつ、了承する。どうせ「ウィ」というまで、何度か
電話がかかってくる。もう来ないだろう時期、とおもいきや、掛けて来られる。早めのお知らせだった、そうで。
今年も半年が過ぎようとしている。遅れつつもなんとか協賛費用を払い続けている、有り難いことだ。

九谷焼「天才の黄色」と原画を掲示します。一皿 三万四千百円だそうです。
スマートシップギャラリーさんでした。

原画 オイルパステル  19cm x 17cm
「天才の黄色」
原画 オイルパステル  19cm x 17cm
九谷焼になった「天才の黄色」 ほぼ原寸大
18cm x 18cm
九谷焼になった「天才の黄色」 ほぼ原寸大

再びスイスの旅

先に、インターラーケンに泊まったと思いそう記したが、今朝見ると、グリンデルワルトのベラリーという宿に泊まっている。オーナーが日本人ということをガイドブックは教えていて、ヘルマン・ヘッセがこのホテルから見たアイガーの美しさを綴っている、とあったので、泊まったが、あいにくとオーナーさんは日本にお帰りでお会いできなかった。
ユングフラウヨッホ駅にある郵便ポストは丸い日本のポストであった。

欧州国連本部の平和の間での私の作品とユングフラウヨッホの赤いポストを掲示します。
美しいスイスの山並みやレマン湖での寄港先などのたくさんの写真があるのですが。

「Funny」
作品タイトル 「おかしい 」佐藤ファミリーコレクッション
「Funny」
日本のポスト 世界で一バん高いところにあるんでしょうね
この履いている靴が途中で糸が切れるのです。右足の後ろの縫い目。
日本のポスト 世界で一バん高いところにあるんでしょうね

ドモドッソーラ

1997年6月、国際平和美術展が国連欧州本部の平和の間において開催されたこの時、私はスイス一周の旅をした。
ジュネーブのホテルから歩いていける距離のレマン湖をモントルーまで船に乗り、天井がガラス張りの電車に乗って、インターラーケンまで。インターラーケンの駅から徒歩で行けるホテルを予約してあって、一泊。翌朝は雨で、インターラーケンの駅のロッカーに折りたたみ傘のケースというか、袋を忘れ、今もその折り畳み傘を使っているが、おかげでインターラーケンの駅を思い出す。
インターラーケンから登山電車に乗ってユングフラウヨッホまで行った。赤いポストに日本に向けてハガキを書き夫宛に出した。
さてここからまたインターラーケンまで戻り、ブリークという駅を経由。このブリークという駅でリフトはある?ときき、駅員が指差す方に
走った。乗り換えの時間が短い。今日本人が走って行った、とかなんとか、無線電話で伝えてくれた様子で、電車は待っていてくれた。
車掌さんが笑顔で迎えてくれたことで判る。短い2両編成の電車。しかしこのときに走りに走ったので、私の靴は右足の後ろ側が糸が切れてしまいちょっとみっともなくなっている。スーツケースから代わりの靴を出す暇がない。
女性の親娘連れがそばに乗っていて、その靴を見るもんだから、私は”「フィラデルフィア」(アメリカ)(因みにイタリア製)で買ったお気に入りの靴が壊れたわ”と言い訳をした。すると親娘はびっくり顔。なんとフィラデルフィアから来ている旅行者。すっかりニコニコ顔で、国境のところで、長く停車する電車を降りてカメラであたりを撮影していると、ボーダー? と聞いてくる。そうよ、と応えると、電車から降りてきて、車掌さんが戻ってくるまで同じようにあたりをカメラに納めていた。そこはボルガノーネという駅かなぁ?再度スイスに入るときには前もって集められたパスポートを返してくれた。国境の入管と出国の印が押されていた。
ここまでの間にドモドッソーラというイタリアの街を通る。
ここで、私は、夜の宿に電話を入れに電話機を探し、日本の夫にも電話を入れた。宿はズーリッヒ(チューリッヒ)。
遅くなるので、部屋がなくならないように架電してホームに戻る。
あっ!置き忘れをしている!予定表やら住所やらのクリアーファイルを電話機のところに!
おじさん!この荷物見ていて! 近くにいたスイスの人やらはわからないが、声をかけて私は階段を駆け降り、電話コーナーへ。
あった! また走り階段をかけのぼった。ありがとう!(多分日本語)するとおじさんがいう。『この電車10分遅れているよ。』
電光掲示板のような立派なものではなかったが、確かに十分遅れ、がわかる。フウフウいう私の心臓を休めつつ、忘れ物があったことを
おじさんに伝えた。
このおじさんはどこの駅で降りたやら。ずーっと見張っているのもおかしいので、そのせいで見失った。
フィラデルフィアから来たという親娘は、確か途中で下車。乗り換えで、ルカロ(イタリア)に行くと言っていた。
ときどき思い出すドモドッソーラ。何語でお願いしたのやら。おじさんは私のスーツケースの側で立って私が戻るのを待っていてくださった。痩せた、あまり裕福そうではない風体だった。ドモドッソーラ。思い出の駅のホーム。ありがとう!

あれからもう2回スイスに行った。ニューヨークのJAIN ギャラリーのMr.Jainや彼が扱う作家のフェルナンドさん、サンドラさん、シンチィアさん、バルビさん夫妻と。オランダのニコルさんともスイスフェアでお会いした。

いつの日かモントルージャズフェステバルに行きたいね と希望を語っていた夫とのモントルーへの旅は最早出来そうにない。
列車乗り場は船を降りた道路からエスカレーターに乗り、2階?から出ていて、いろいろとカルチャーショックの旅だったのでした。

長くなるが、このときのズーリッヒの最後の夜の遅い時間帯に ”今宵は月も綺麗だし” という美しい若者との出会いが 、帰宅後に
『桜 月』という絵になったのである。月は出ていなかった夜でした。

6月の我が庭に咲く山紫陽花を載せました。

我が家のアジサイ
我が家のアジサイ
ヤマアジサイ
ヤマアジサイ
アジサイと小虫
アジサイと小虫

忍冬

少し高い位置に忍冬、スイカズラの花が咲いている。今年は花が多い気がする。
卯の花はたくさん咲く。その後に、傾斜地は忍冬が咲く。
我が庭、手入れをしたいところ。松の枝が空に向かって伸び放題。本来なら枝ぶりの良い、松にしておきたいものを
6年、このかた、それが出来ない。
昨夜、パイオニア電話機が壊れた。モデム通信エラーの表示。
私がどんなにしてみても、解決しない。
パイオニアに電話しても、NTTドコモに電話をしてもラチが開かない。
つい夫に寝てる場合じゃないよ! と声がけ。ごめんなさいね。
明日新しい受話器を買ってきて取り付ければなおるものかを、知りたい。
とにかく只今は、我が家の電話機は故障中です。
よって玄関チャイムも内側には聞こえません。
そんな中、夫の薬が配達されたり、ご近所の人が家成りのビワの実を持ってきてくださった。
上り口にそっと置いてある。ありがとう😊

山の家に咲く花をちょっと掲示します。

スイカズラ
スイカズラ
カラー  大好きな花の一つ
カラー  大好きな花の一つ
ツツジ
こんなに咲いたのは初めてです。
ツツジ
これも大好きな花の一つ
これから次々と咲き、色が変化します
これも大好きな花の一つ

皐月の開花

旧暦の4月半ば。花壇の皐月に花が咲いた。手入れをしないままここ数年が経過。
今年こそは、花が終わり次第、刈り込みをしたいものだ。

上賀茂神社さまに送りました葵。葵祭は雨も降らずに、上々のお天道さまのもと、今年も無事に終了
でしょうか? あるいは関連行事がまだまだ続いているのかもしれません。
下鴨神社での茶事の模様を見学できた年も、翌日でした。

庭の花をアップします。

紅白に咲く皐月
紅白に咲く皐月
こちらはピンクのみ
こちらはピンクのみ
みかんの花
実った頃には早々と台湾リスが来ます
みかんの花
双葉葵。
双葉葵。
カラーは今年は一本のみ
カラーは今年は一本のみ

小花模様のネクタイ

毎年、母の日がくると思い出すことがある。
20年以上前のことで、知っている人は私と金城だけだ。
ワーナー・ブラザースの経営者の一人が、この山の上に住む友人のところに来た。
カルフォルニア時代に音楽を通じてのお付き合いが深かったらしく、我々も紹介に預かった。
お泊まりは、近所のホテル、音羽ノ森を友人はあつらえた。
翌朝その支払いを済ませた友人は、泣いていた。丁度「母の日」の夜の泊まり。
電話代が半端なかったとのこと。頭の隅に、全くなかったらしい。
何時間も通話したらしい。
大きな大人の母親との長電話。今もどんなことを話したのやらと思う。
親孝行の息子。
その息子さんから翌朝、金城は愛用のネクタイを頂いた。首から外して。
細かい小花模様のネクタイ。

隣人夫妻はもうこの世にいない。金城は声が出せない。
その隣人と、我々を知る奈良県の知り合いの人も昨年お亡くなりに。
奈良県の知り合いにネクタイの話はしていない。佐保川の桜祭りに行燈の絵を描かせてくださったご本人も絵描きの人だったのです。2年続けて行燈の絵を描かせていただきましたが、思いますに最晩年だったのですね。
隣人の彼よりは、少し若かったみたいでしたが、なんせ20年以上も前のことです。

私たちにはもう母も義母もお互いにいない。
母の日、またひとりおもいだしているわたし。

頂いたネクタイを掲示します。

made in USA
Italian silk
made in USA

小山内美江子氏のご冥福を

2010年1月に『世界平和芸術家協会 創立記念展〜カンボジアに学校を作ろう2010〜』が埼玉県立近代美術館で開催された。私も事務方からの出品要請で、出品している。埼玉に住む姉に覗きに行ってもらい、私自身は行かなかった。
第2回展は、2011年1月。これも埼玉県立近代美術館であり『〜世界の子どもにワクチンを〜』であった。
それが今年は第14回展。昨年同様に国立新美術館での開催。5月17日〜26日(21日休館日)という日程。
2点出品している。夫の自宅介助があって、六本木までは行かれそうもない。3:30以上はひとりにしたことがない。
小山内美江子さんのカンボジアに学校を作ろう! という話は聞き及んでいたが、お会いしたことはない。
ご案内状が手元にないので、判らないが、今回はどんな内容なのかしら?DMには書かれてはいないはず。40枚のDMは
発送してしまい、手元には一枚も無くなっている。
“ しゅっぴんきょうさんひよう 出品協賛費用” というものに日々努力させられている我々芸術家は苦労している。
とはいえ、小山内美江子さまの冥福をお祈りいたします。

サルバドール・ダリ 生誕120周年記念事業から

5月8日の午後、再配達で届けられた『サルバドール・ダリ 生誕120周年記念アートラベル展〜時代の先駆者たち〜』のワインをブログします。ダリの絵は赤ワイン、多田祐子の白い絵は白ワインとなっています。
また特製の『Artista genio del siglo XXI ~21世紀の天才アーティスト』の認定品が添えられておりました。
クリスタルでした。
アップします。

認定品のクリスタル
認定品のクリスタル
霧の箱入り
霧の箱入り
ダリ 左手 多田祐子 右
ダリ 左手 多田祐子 右
日本は丁度サルバドールのあたり
日本は丁度サルバドールのあたり

桂 由美さん

ウエディング ファッションデザイナー、桂 由美さんが亡くなられた。直接お目にかかった事はない。
ターバン姿で、私の絵を覗き込んで下さっていたのは、2017年3月。上野の美術館でのこと。
上野の森美術館。出品作は「青の響鳴」50号サイズ。美術関係会社の若者たちに持ち上げられていた一点。
スペイン、フランスと渡り、私たちの居間に飾られていたが、今は倉庫に入っているはず。
50号というサイズはちょっと重くて、動かせない。はず、というのは、入っているはずの作品で見当たらない作品が、最近あるからだけど、確認できないままになっている。
整理整頓する力が不足。哀しいのでそのまま。

その2017年3月の写真を掲示します。(株)クオリアートからいただいたものです。

桂由美さんの視線を浴びている私の「青の響鳴」
2017年3月 上野の森美術館で
桂由美さんの視線を浴びている私の「青の響鳴」