ようこそ多田祐子の世界へ

洋画家の多田祐子です。2007年6月から「Web サイト」を開設しております
<現在>
メディチ文化協会正会員
WAC世界文化交流会正会員
ハプスブルク芸術友好協会・宮廷芸術会員
ウイーン市芸術名誉市民
タイ国立シルパコーン大学客員教授 & タイ王室名誉技芸員
そして
NA SILPA (芸術の顔)の称号をタイ王国から2006・11・17 に
世界的名作遺産作家認定証 を選考委員長クリスティーヌ・モノー(ル・サロン会長)氏より2011・12・1 にいただきました
エルミタージュ美術館(ロシア)からは「友情と芸術の鍵」を2011・12・30 にいただきました
アジア文化顕彰 ソムラップ・キティヤコーン殿下(タイ王国王族)創設(2012.8.30)受賞
エルミタージュ世界芸術遺産作家認定 ロシア芸術協会 & 選考委員長クリスチィーヌ・モノー(2014.3.1)

認定に関しましては様々な国や市から頂戴しております。

また、次のところで展覧しております。  
【委託画廊:「Ashok k Jain Gallery 」ART d4】10 Grand Central,155East 44th ST. 6th Floor Suite 52 New York 10017
常設展示:「きままや」宮城県栗原市若柳川北新町裏250 090 2997 4465 
常設展示 : 「焼岳」奥飛騨温泉 奥飛騨ガーデンホテル & 朧

切手

パブロ・ピカソ没後50周年記念 『ル・プルミエ芸術賞』という特集があって、たまさか私の「Stop the War」が
おまけで切手になった。今日23日お彼岸のお中日、お墓参りから帰ると、ポストに何か入っていた。
休日で郵便物は無いはず。クロネコDM便。
これで記念切手は9種類に。
ひとつは日光東照宮から。2016年台北国際切手展では3点の作品が52円と82円のそれぞれで、6種。
内一点は台湾切手にも採用された。台湾切手には図柄の左右に故宮博物院の宝物が切手を飾っていた。
今回は84円の切手である。

先の切手を仕舞い忘れて、見つけられずに、パソコンに入れてあったもので、ブログします。

切手博の82円と52円から
白昼夢 30号サイズ
切手博の82円と52円から
切手博のものから。82円と52円あり
Mr.J 10号サイズ
切手博のものから。82円と52円あり
切手博の切手から。この切手が台湾切手になっている。
桃山  30号サイズ
切手博の切手から。この切手が台湾切手になっている。
今回の切手。84円。
「Stop the War」  30号サイズ
今回の切手。84円。
いつかのお正月・元旦に完売
「差配する角倉了以」 10号サイズ
いつかのお正月・元旦に完売
これは上の「角倉了以」の切手が入って来た特性封筒
これは上の「角倉了以」の切手が入って来た特性封筒

故 梅原 猛氏からのお葉書

梅原猛氏がお亡くなりになってから3年と8ヶ月が過ぎた。亡くなられた時に、頂いていた葉書を探したが見つからなかった。昨日の夜9月17日だが、例によって、探し物の他にその葉書がヒョイっと、現れた。
短い文章の中に、「願成寺には行けません」けれど、とあるが、願成寺とは東福寺の塔頭で、阿保親王の親王堂があり
毎年11月の3日には親王祭が奉納される。平城天皇の第一皇子で、天皇にはなれなかったが、叔母上である桓武天皇の
皇女、伊都内親王との間に在原業平、行平をもうけた。この親王堂内に多田祐子の「明日会いましょ ここで」の50号
油彩画が収納・奉納されている。一度願成寺にお見えになったことがあって、私が使いをこのお寺さんの理事のお一人から頼まれ、ご自宅へ伺った事があり、のちに多田祐子の画集をお送りしたのだった。
それに対してのお葉書ということになる。
それから三番町あたりでのご自分の展覧会の時に、ご案内状が送られて来た。一年後の春の書店であった。「母心 仏心」。山ゆけば山となり 川ゆけば川となる、 と。

書展で拝見したようなお葉書をブログします。
ついでに、大原野、入野の阿保親王、伊都内親王、在原業平の眠る塔を。五輪の塔。

2008年11月7日の歌から
五輪塔並べたもふて今に至る 語りはなぁに 竹笹の里
                            (をんなに時間さまざまから見つけられませんまま)

梅原猛氏からの、精進を望みます  と。
梅原猛氏からの、精進を望みます  と。
真ん中が内親王、右が阿保さま  左が業平  という。
入野にて・2008年11月7日
真ん中が内親王、右が阿保さま  左が業平  という。
結界のあって、金城は立ち止まる。この後入れていただきました。
私は近くの畑で働くおかあはんに声かけて、お許しを戴く。2008年11月2日
結界のあって、金城は立ち止まる。この後入れていただきました。

受容と信仰  千葉茂氏

昨年9月出版の「受容と信仰」- 仙台藩士のハリストス正教と自由民権- ( 金港堂出版部)の千葉 茂氏から
メールがあって、この奥羽越戊辰戦争三部作完結が、朝日朝刊紙で自費出版特別賞を頂くことになったという
お知らせがあった。選考委員の鎌田慧氏の推薦があったとも。及ばずながら、表紙を使用してくれたのですが、
その私も嬉しい限り。既に次回作に取り掛かりあちこち取材中の、元校長。
授賞式は11月12日なそう。誠におめでとうございます㊗️

表紙は「カルカソンヌの青い月」でした。

千葉茂氏の著書
「朝日朝刊紙 自費出版特別賞」に輝いた「受容と信仰」
千葉茂氏の著書

『MINERVA. 2022』ロンドン

ロンドンのMall Galleries. で8月24日から開催される『MINERVA 2022』にはいかれずに、絵のみ行った。
コロナ・ウイルスの所為で、ツアーもあるものやら、主催者に問い合わせてはいない。いずれ、今家を開けることはできない。
ロンドン・イギリスへは老後の楽しみに取っておこう! と、夫金城もそのつもりで、スペインと共に未だ訪問していない。2018年の10月に脳梗塞で開頭手術をしなければならなくなり、以後歩行出来なくなろうとは思いもしない二人だった。
1994年9月「はる子さん」という絵で、ビジュアルエコロジー コベントガーデン特別賞をいただいた。この頃は、いろんな国に向けて出展したり、ニューヨーク、エジプト、オランダに出向いていて、イギリスへは出展のみになった。

今年、出展したのは「ガト・猫」。2003年4月にタイランドのシラパコーン大学の教材に起用され、教科書に掲載された作品のひとつ。もう一点は「マンハッタン」。この「マンハッタン」はニューヨークで制作した。ちなみに
「ガト」 は1990年8月新宿の文化服装学園で制作。フランスの巨匠ポール・アンビューユ エコールに参加した際に
制作。「ガト」は10月の第20回展 ギャラリー白百合で初展示。1991年1月のニューヨーク展には展示しているかどうか思い出せない。エコールで、与えられているモデルや、画題は無視して、その場にいる自分自身の心持ちをキャンバスにぶつけた。文化服装学園のトイレットペーパーを使ったりして、速く何枚も作り、ポール・アンビーユ氏からの
批評を頂こうと必死で制作。その一枚であって、コラージュの始まりであった。

「ガト」も「マンハッタン」と共に、タナカトモコ氏にコレクションされている。「ガト」は「マンハッタン」と切り離したくないという多田祐子の身勝手によって、今回の出展はお借りしてのイギリス行き。
何せ教科書に載っているふたつなのですから。

「ガト」と「はる子さん」 イギリスで展示される、された2つの作品をブログします。
「はる子さん」は横浜に住む大学の先輩の奥方さまがコレクションしてくださっている。奥方さまは先年お亡くなりに
なられ、私自身も多いに寂しいのです。

ガト  20号サイズ
ガト  20号サイズ
はる子さん 10号
はる子さん 10号
MINERVA2022 文献より
MINERVA2022 文献より

牧野圭一氏の訃報

漫画家で京都精華大名誉教授、京都国際マンガミュージアム国際マンガ研究センター長などを歴任された牧野圭一氏の訃報に、触れた。
「かっぱ」がご縁で、東京の水天宮や、かっぱ龍神祭の夏、古牧温泉で何度かお目にかかり、私が漫画家二階堂正宏氏(文藝春秋漫画賞を受賞)と同級生のこと、故郷が同じで、同じ高校だったことの話から、親近感を持っていただき、写真を撮っていただいた。
その中から、1991年7月下旬の古牧温泉祭魚洞公園での一枚をブログします。31年前。私も若い。牧野圭一氏は53歳。いつもバンダナを愛用されていたが、京都との往復の新幹線の中でもバンダナを巻いておられたかは、知らない。
胃がんのために死去とあった。
かっぱ村の我らが二代目村長 大野芳(ノンフィクッション作家)が、癌の末期を患って手の施しようもなく亡くなって3ヶ月と少し。この夏は、夫の誤嚥性肺炎での入院、下水道工事で日中車両通行止めのこの山の上での生活の難儀と、重なって、何やら自身の身の力が減っている。
もう秋が近い。夫金城もどうにか落ち着いている。
始めないと!  

牧野圭一氏から贈られてきた「マンガをもっと読みなさい」の、養老孟司氏との対談書の扉に、“エルミタージュ美術館収蔵おめでとう”とある。二階堂正宏氏についてのコメントもあって、このことを二階堂さんに伝えたかどうかは定かで無い。二階堂正宏氏は高校の美術部部長だった。彼曰く、私は副部長だったらしい。応援団で忙しくて部室に行ったのは数えられるくらいだ。卒業間近に大きめの絵を描いたことを覚えている。

古牧温泉での一枚です。 撮影者は夫金城。
 牧野圭一氏にはご冥福をお祈りいたします

1991年7月 当時の古牧温泉祭魚洞公園で
1991年7月 当時の古牧温泉祭魚洞公園で
2006年10月発行
2006年10月発行
漫画家らしい文字 
二階堂正宏氏に伝えねば。しかし彼も文藝春秋漫画賞を受賞している
漫画家らしい文字 

古い写真を見つけて

夫金城が誤嚥性肺炎で入院していた13日間、古い写真の整理をした。初めの4〜5日間は目眩がひどいので、静かに過ごし、夫の世話がないことに手持ち無沙汰を覚え、ウロオロ。そんな時、写真の束が落ちて来て、懐かしい❣️
と、手に取って眺め、近くのパッケージプラザで、写真帳3冊を購入。
その中から1991年のもの、1994年の物、2000年のものをブログします。

夫は無事退院して、4日目です。そろそろお昼の半固形剤ラコールをあげます。

第22回展  1991年3月〜4月 亥の冨
画廊のオーナー 富子さんと。ニューヨークで制作したコラージュもある
第22回展  1991年3月〜4月 亥の冨
亥の冨 ギャラリーで、左金城  真ん中オーナー  右 福島とみこさん
赤い絵 「マンハッタン」 は佐倉市のコレクター田中智子氏収蔵
亥の冨 ギャラリーで、左金城  真ん中オーナー  右 福島とみこさん
アレキサンドリアで。右 レヒナさん。左はガイド
レヒナさんは日本語を話す。レヒナさんがこのブログを見ますように。チリーに居られる
アレキサンドリアで。右 レヒナさん。左はガイド
2000年8月  日泰華百家芸術大賞受賞の時の北京で。
金城のTシャツは1998年11月キューバに行った際に買った、ヘミングウェイの顔が三点いんさつされたもの
2000年8月  日泰華百家芸術大賞受賞の時の北京で。
2000年北京近郊の万里の長城で  何か面白い事があったらしく
撮影してくださった方ありがとう。
2000年北京近郊の万里の長城で  何か面白い事があったらしく

カンナの花

今日は参院選。後で投票に行こう。
6月1日に一度仮払い機で刈られた東の庭の種々。ここは何も植えていない。以前、ラデッシュやトマト、茄子を植えた事がある。ラデッシュには黒い虫がつき、毎朝退治。トマトは枝をかかないとならないらしく、忍びなさにぼうぼうの
状態になってしまった。茄子といったら、一個の収穫も見ないのに、地面スレスレのところで虫に倒されてしまった。
夫が田んぼに仕立て、畳3枚程の大きさで米を作った時代もあった。ご近所の、かっぱ村仲間が稲刈りをして、かっぱにお供えした。この時から深山紅葉と、もう一本の名前を忘れたが、大きな木が枯れてしまった。水不足になったものか、水が多過ぎたものか、判断できずに、4年前には泰山木の大きな木も切り倒した。夫金城が、もう木に登って枝おろしが出来なくなると言っていた矢先に、脳出血で、入院した。その泰山木は、夫の知り合いがチェンソーで、いとも簡単に切り倒され、北東側にはもう一本の木もない。珊瑚樹や、モチの木も大きくなり過ぎで、ない。
東側にあった松は松食い虫の被害に遭って、処理。銘木にしたかった私はとても残念。その隣にあるモチの木に今
花が咲いていて、青い蝶が来る。午後4時頃には幻想的な場面に遭遇できる。謂わば、日本画の(故)工藤甲人の世界。
この木の下に町内会の防災倉庫があって(置かせてアゲテイル)、時々枝を下ろしてくださるんだけど、ここ2年程、下ろしていないので、多くの花をつけている。
春落ち葉の始末をせぬまま、日々やり過ごしている。

金城は熱が下がって、平熱になったそう。まだ点滴が続いてるようで、ラコールという半固形剤の栄養剤は始まっていない様子。面会が出来ないので午後2時頃に病院に電話で様子を聞く。
頑張れー❣️ という他ない。

オニヤンマ横切りゆきぬ軒下を再び来むを待ち続けたり
外気温温度計見んと窓開く刹那ヤンマの飛翔なるかな

カンナが低く咲いている
カンナが低く咲いている
塩辛トンボ  ずーっと鉄柱に止まっている。
飛んできたオニヤンマ はカメラに収まらない
塩辛トンボ  ずーっと鉄柱に止まっている。
祇園祭りの長刀鉾 新しく頂く  国旗は手作り
89歳の先生がご奉納なさるという長刀鉾のちまき(食べられる方のちまきも届くそうです)
祇園祭りの長刀鉾 新しく頂く  国旗は手作り

  はりつけ

ちょっと持ち合わせの
現金が無くて


支払えぬわが身を床に磔す 
月末前夜 アイデイア無くて
芸術関係の関わる各社に
支払いの出来ない今月の多田祐子

熱中症から誤嚥性肺炎

夫金城はとうとう寝たきりになってから2年近く経過した。近頃は車椅子を借りて、介護車輌に乗り換えたらドライブしようねと、励まし続けてきた。熱中症に注意していたが、背中が暑くなっていて、寝返りの打てない金城の熱がお風呂を貰えない37.5℃を超えてしまった。
ラコールという半固形剤の経腸用栄養剤は吐く事は無かったが、水分を吐いてしまうので、点滴をお願いした。
訪問診療の先生方が直ぐに点滴をして下さって、不足分は OS-1 という経口補水液でまかなった。
7月1日の夜遅くまで眠れずに時に水を吐き、血圧は平常ながら熱が37.1℃〜37.5℃。だんだん心細くなった私は往診をお願いし、夜中も心配で、救急車を呼びたい旨を先生に伝え、0時30頃に救急隊員が駆けつけてくださった。誤嚥性肺炎とのことで、何時誤嚥をさせてしまったものやら、判らない。
この細い坂道はバックで下ってくださって、医師のS氏も救急車が走り出すまで、付き合ってくださった様子がバックミラーでみえ、何時もの
横須賀市民病院の夜間救急診察室に入ることが出来た。
午前2時47分頃にCTへ。ストレッチャーで運ばれていき直ぐにもどってくる。再び治療室へ。
午前4時病室に落ち着いた金城は酸素吸入器がまだ外されていない。
面会が明日からは出来ないので、大丈夫よ、と声を掛けて、お休みなさい、と帰宅。
大分水分不足をおこしているとのこと。脱水症状! OS-1を上げているつもりでも、吐く方が勝っていた。

大勢のお世話戴く年頃の我々二人生き抜かねばと
目眩あるをしばし忘れし夫誤嚥入院させてまたフラフラす

残りのアジサイ
残りのアジサイ
凌霄花 今年もたくさん花をつけてくれた
凌霄花 今年もたくさん花をつけてくれた