• 162 × 130.3cm / oil on canvas / 2013
  • 53X45.5cm/ 2007
  • 80.3X100cm/ 2001
  • 53.0 x 45.5cm / 2007
  • 50x31cm / Collage / 2010

ようこそ多田祐子の世界へ

洋画家の多田祐子です。2007年6月から「Web サイト」を開設しております
<現在>
メディチ文化協会正会員
WAC世界文化交流会正会員
ハプスブルク芸術友好協会・宮廷芸術会員
ウイーン市芸術名誉市民
タイ国立シルパコーン大学客員教授 & タイ王室名誉技芸員
そして
NA SILPA (芸術の顔)の称号をタイ王国から2006・11・17 に
世界的名作遺産作家認定証 を選考委員長クリスティーヌ・モノー(ル・サロン会長)氏より2011・12・1 にいただきました
エルミタージュ美術館(ロシア)からは「友情と芸術の鍵」を2011・12・30 にいただきました
アジア文化顕彰 ソムラップ・キティヤコーン殿下(タイ王国王族)創設(2012.8.30)受賞
エルミタージュ世界芸術遺産作家認定 ロシア芸術協会 & 選考委員長クリスチィーヌ・モノー(2014.3.1)

認定に関しましては様々な国や市から頂戴しております。

また、次のところで展覧しております。  
【委託画廊:「Ashok k Jain Gallery 」ART d4】10 Grand Central,155East 44th ST. 6th Floor Suite 52 New York 10017
常設展示:「きままや」宮城県栗原市若柳川北新町裏250 090 2997 4465 
常設展示 : 「焼岳」奥飛騨温泉 奥飛騨ガーデンホテル & 朧

源平しもつけが咲きました

草茫々の庭。ワイルドになってしまっている。まぁ何時ものこと。夫が元気ならチョットは手入れをしてくれるのだが。
刈って欲しくないものはその回りを刈っておくように、といって仮払い機でかってくれるのだが、自分が植えた山紫陽花やら
山椒の木やらを、すっかり忘れて刈ってしまう。よもや自分が買った来て植えたものまで刈るとは思わないから、毎度呆れるのでした。
松の木が伸びて困っている。時々手入れしてくださったご近所の小父さんが3年ほど前に亡くなったので、自分で手入れするしかない。秋まで待とう。
そんな荒れ庭に源平しもつけが咲いた。肥料を遣らなかった所為で花の塊りが小さい。
花壇ではサツキが咲き始めている。去年の夏前に花が終わって間もなく、思いっきりカットしたつもりが、まだ足りなかったらしく
まばらな咲き方。今年は早めに深く刈ろう。

8月24日からの展覧会は開催出来るだろうか?コロナには困り果てる。
今日一枚どうにか完成?させた20号サイズの絵の題名を考えている。題名を決めて描いていたが、そぐわないようだ。
40号サイズのものはイメージ通りにいかない、といった塩梅。
夫は土曜日からショートスティに預かって頂いている。左腕が力が入らずに、よく床に沈めてしまう。
朝方は力があるのだが、夜にはベッドに移ってもらおうとして失敗してしまう。ご近所の若者層に助けて頂いている。
夫に左腕が痛いのよというと、笑っていました。
ズーッと一緒にいたいところなれど、二週間もしないで、力尽きる。こんなに力が無いって思いませんでした。
右手首は治っています。

ではサツキとしもつけをアップします。

サツキ
源平しもつけ

雨の緑の日

一日中シトシトと雨が降っている。「月さま  雨が」「春雨じゃぁ 濡れて参ろう」 といった具合い。 明日は立夏でも旧暦では4月13日。
濡れながら近所のスーパーまで行ってきた。肘傘雨。それほど強く降るわけでもなく、庭の草木にはちょうど良い具合。また当分水遣りを省ける。
新たなシンビジュームが咲き始め、初めに咲いたものの2本が枯れて、痛々しい。切らずにそのままにしている。全部一度期に咲いてくれるとゴウジャスなのに、
新たなシンビジュームも5本のうち3本がまだ雨に打たれている。

昨日から左肩がだいぶいいので、馬力をかけて絵を描き始めた。眺めている時間の方が長いのだが、描きかけのまま放って置いたものが、ようやく動き始めた。
ここ要らない! とか もっと細い方が! とか 教えてくれる。小手調べといった感じ。途中から掃除が始まって、いくらも進まないが、仕事場が広くなった。
今日もこれから始めよう。もはや午後5時。

1984年の第11回目の展覧会に岡本太郎画伯がご来場くださった。ポーズをとってのサービス精神までいただいた時の写真を掲示します。
左の絵は、姫路市での展覧会で、「こんな絵があるのね」といってお買い上げくださった絵描きさんがおられた。36年ほど前のことです。

第11回目の展覧会。銀座画廊で
岡本太郎氏と

新型コロナの中で

スイスのローザンヌで開催予定だったART BLEND も延期の知らせがあった。
9月ごろというが日程ははっきりしていない。
私自身は展覧会を8月下旬から予定してるが、画廊サイドが今のところ何も言ってきていない。
下北沢の何時もの会場。
4月も残り今日と明日。5月いっぱいには、8月に出来るかどうか、判断しなければと思っている。
案内状は未だ出来ていない。実は作品も少ない。これから拍車をかけて造らねば。
会場が広い。
小さな脳味噌が働いてくれない。右手首はほとんど治っているが、、、、

さて新型コロナウイルスが鎮まらないなか、庭の石楠花とシンビジュームは咲き続ける。

石楠花
10本咲いている
シンビジューム
5本咲くはず
三番目のシンビジューム

日欧宮殿芸術祭 マルタ共和国 延期のお知らせ

 新型コロナウイルスによって5月に予定されていたマルタ島での展覧会が延期になった。今日4月15日の郵便による。
感染拡大が何時了とも知れない世界的大流行・発生だから当然でしょうね。関連の運営事務局の皆さまには苦渋の決断が
迫られたこととおもいます。

スイス・ローザンヌは6月だが、どうだろうか?
いずれにしろ国際交流展を開催する事業者さんには、この困難をどう乗り切るのだろうか。
我々アーティストにとっては、元気よく自作を宣伝出来ない! 困った情況であって、一刻も早い終息を願うほか無い。

ではマルタ島での展覧会の延期情報でした。

自慢話を

私の姪の子供、中学校に入ったばかりの、4月2日に13才になった太一くんが、東京FCのサッカーアンダー 15の
メンバーに選ばれた。
脚も速いそうで、わたしには似ていない。私はいつもビリッケツ。まぁ障害物競走となるとビリではなかったけど。
姉と弟は速かった。母親も速かった。弟はよくマラソン大会の選手に選ばれていた。野球をやっていたっけ。

さて太一くんの父親はラグビーを。母親はチィヤーリーダーを大学時代やっていて、海外遠征で、カリフォルニア
だったか、フロリダだったかに試合で行ったほど。

二人とも運動には強い。太一くんは、サッカー選手を目指していて、先日は靭帯を傷めてしばらくの間松葉杖を使い
ウンザリしていた。今はどうも外出が出来ずに家にいる状態の様子。コロナウイルスは怖ろしいから、致し方なし。

その太一くんの小学校時代のサッカー勇姿をブログします。撮影は父親?

12歳の太一くん
ブルーのユニホームが太一くん

30分の後

ブログしている間に、ご近所のおじさんが刈り払い機で、ウイーン、ウイーンとはびこった、カラスノエンドウを
刈っている。
シロツメクサもなくなった。まぁ又伸びてくるシロツメクサだ。
ほんの30分くらいで雑草はなくなった。右手首が痛いので、鎌が使えない私としてはありがたい。
町内会の防災倉庫を敷地内に設置することを許しているので、それで時々手入れをしてくださる。

カラスノエンドウを刈ってくださる

富士山 木花之佐久夜毘賣命

マルタ島でのイベントは無事開催されるものやら連絡はない。
コロナ、イタリアでは大変なことになっている。マルタ島はイタリアではない。
5月中旬の開催だからそろそろ日本国内から輸出される時期だろう。300点なのか200点なのかそれ以上なのか
聞いていない。
私はマルタ島の関係者の方々が「ユウコ タダ の富士山の絵」が見たい ということを聞き
富士山の絵を展示する予定。少し優しい絵で、迫力には欠ける。

掲示します

木花之佐久夜毘賣命 富士山  加筆した

庭の模様つづき

シロツメクサ  育てている
白椿  最後に咲く
直植えのシンビジューム
咲き続けている椿
満天星ツツジ 少しだけ咲く

新型コロナウイルスのなかで

何という事態。収拾がつかない。我慢しかない。
幸いにも電車に乗る用事が今のところ無いが、このような事態を経験するのは初めて。
状況は極めて厳しいとのこと。本来ならオリンピック パラリンピックのためのニュース一色の時期だったはず。
ウイルス一色になろうとは誰が予測しただろうか。地球全体のこのウイルス対策。
悲しんでのみいられない。とにかく手洗いをして、マスクをして、うつらない対策を慣行するしかない。

我が家の庭の模様を暢気にアップします。

月桂樹の花
育てていないのに蔓延る
カラスノエンドウ  食べられるそうな  まだ試していない
二輪草
コンテンツの配信