• 27.3 × 22.0cm / oil on canvas / 2013
  • 27.3 x 22.0cm / 2007
  • 53X45.5cm/ 2006
  • 45.5x37.9cm / oil on canvas / 2011
  • 17.9X13.9cm/ 2007

ようこそ多田祐子の世界へ

洋画家の多田祐子です。2007年6月から「Web サイト」を開設しております
<現在>
メディチ文化協会正会員
WAC世界文化交流会正会員
ハプスブルク芸術友好協会・宮廷芸術会員
ウイーン市芸術名誉市民
タイ国立シルパコーン大学客員教授 & タイ王室名誉技芸員
そして
NA SILPA (芸術の顔)の称号をタイ王国から2006・11・17 に
世界的名作遺産作家認定証 を選考委員長クリスティーヌ・モノー(ル・サロン会長)氏より2011・12・1 にいただきました
エルミタージュ美術館(ロシア)からは「友情と芸術の鍵」を2011・12・30 にいただきました
アジア文化顕彰 ソムラップ・キティヤコーン殿下(タイ王国王族)創設(2012.8.30)受賞
エルミタージュ世界芸術遺産作家認定 ロシア芸術協会 & 選考委員長クリスチィーヌ・モノー(2014.3.1)

認定に関しましては様々な国や市から頂戴しております。

また、次のところで展覧しております。  
【委託画廊:「 Ashok Jain Gallery 」 58 Hester ST. New York,N.Y. U.S.A. 10002】take a rest.
常設展示:「きままや」宮城県栗原市若柳川北新町裏250 090 2997 4465 
常設展示:「ARATAギャラリー」アウターネットビル1F 富士宮市中央町2-4  0544-27-0201/(不定休)
常設展示 : 「焼岳」奥飛騨温泉 奥飛騨ガーデンホテル & 朧

ブルネイ ダルサラーム国の夜

ハサナル・ボルキア国王在位50周年記念の今年は至る処でお祝いムード満点
夜11:30過ぎの美しいオールドモスク
青のイルミネーションが美しい大通り

冷房風邪を引きずっています

暑いブルネイ王国から帰って一週間以上が過ぎた。10月27日に軽く引いた冷房風邪が治らない。
部屋が「強」の冷房設定だったので寒く、切って丁度良い加減。ドアを開けて一歩廊下に出ると寒い。日本を出るときに着ていた上着が役に立った。

ブルネイ2日目。飾り付けが終了した10月26日の午後4時、ブルネイ王国のタイ大使館に行くことが出来た。
タイ大使館で、故プミポン国王陛下の一周年の弔問行事があり、私がタイランドとの間に色々と繋がりがあることを知ってくださった
今回の日本文化紹介を企画進行してくださった大河内氏が誘って下さってご一緒出来た。
サワデカ、と、皆さんにタイランドの挨拶。プミポン国王陛下の遺影の前に白い花を捧げた。
大勢の弔問客やボランティアに混じり、直会のようなお食事をいただく。
タイ大使館の大使夫妻ともテーブルをご一緒した。大河内氏の奥さまお嬢さまがご一緒だったので特別なことになった。
そのテーブルにはドイツ大使館の大使夫人もおられ、翌日のエンパイアホテル
で行われるセレモニーでの食事のテーブルがなんとご一緒だったので、お隣のタイ大使のトニーさんに1998年10月のプミポン国王陛下謁見の写真をお見せできた。
大使のトニーさんは「とんかつ」が大好きだそうで、食事をしているというのに日本のとんかつのお店の写真をiphoneで私に見せてくださった。
奥さまのアンさんは、日曜日、最終日の午後ホテルでのゴルフを終えて会場に私を探されたそう。午後4時からのマングローブツアーに参加した私は、
後で知って 残念。

27日のオープニングセレモニー。ギフトとして持参した他にクジ引き景品とした作品があったが、提供数が多すぎたせいか、私のところ辺りで、クジ引きが終わった。たった一人当たった方はドイツ公使という。そこで私は、タイ大使夫妻、ドイツ大使夫妻、に景品を割り振った。
すると大河内氏夫人が、昨日のタイ大使館で同じテーブルにおられたキャサリンさんにもというお顔。もちろん選んでいただいた。そして大河内氏夫人の機転から
イギリス大使夫人とそのご子息が見つめていた作品「海の支局」が、イギリス大使のご子息の元に残った。背の高いハンサムボーイ。

この後の元国防総司令官ジャファー氏の邸宅での夕食会には風邪をこじらせて欠席をせざるを得なかった。
オープニングの時に持参したトンボの玩具を、私は興味をみせたご老人にプレゼントしたが、そのご老人がジャファーさんだった。ジャファーさんからのお土産は
銀に七宝のぼんぼん入れ。とても重たい。翌日のマリアム元王妃宮廷での夕食会でお目にかかり、前夜のお詫びを申し上げたのだった。
マリアム元王妃にも同じトンボの玩具を、作品に添えて献上。絵は''つづま(約)やかな''作品です、と言葉を添えた。こういうものこそ私は嬉しいのです。とのお言葉を頂いたのです。
元王妃からのお土産は古いコインで現国王が刻印されている。

タイランド大使館で頂いた故国王の写真集を掲示します。なお、100名近いボランティアにつく人々が身につけていた
黄色のスカーフと黒い帽子、Tシャツは現国王からのプレゼントとのことでした。

タイ大使館で頂いた故国王陛下の写真集
貴重な機会を与えてくださってありがとうございました。
同じく写真集

マリアム元王妃の宮殿で

ブルネイに訪問した皆さんと元大使館員の大河内氏とそのご家族
マリアム元王妃とともに 2017.10.28日

Brunei Dar ussalam での大イベント

10月27日〜29日までの短い期間であったが、日本の美術・芸術の側面を
紹介するイベントが終了した。
ロイヤルファミリーのご来場をいただき、各国大使館から大使夫妻、公使夫妻
元国防総司令官はじめブルネイVIP, そして一般の多くの方々のご来場をお迎えしての初日のテープカット。
そのテープカットまでにこぎ着けるために、打合せ、練習と続き、200名を超える限定オープニング。

詳細は又後日とするとして先ずは写真報告をいたします。

通訳は大河内ひろみ氏
ファジラ王女さまに通訳を交えてご説明
ファジラ王女(中央)をお迎えして 2071.10.27
特設会場 エンパイアホテル内
10月28日 夕食会の後
マリアム元王妃の宮殿 元王妃様(中央)
とても素敵な出会いでした
スザナさま(元王妃のお姉さま)
マリアム宮殿
ディナーの一夜の様子
もう一名の若者が撮影
防犯をかってでての若者たちと

ART INTERNATIONAL ZURICH 2017 報告します

9月21〜24日開催の第19回Contemporary Art Fair ART INTERNATIONAL ZURICH 2017 のReport
が届いている。スマートシップギャラリーSMART SHIP Gallery/Setagaya・Tokyoからの参加だ。
ちぎり絵の猫を4点出展。小さなサイズの作品だ。
仕合わせなことに4点ともヨーロッパに残った。
コンテンポラリー・アートなので、何時もは油彩の作品を提供するのだが、プロの周りには褒められても
買い手が付かずの状態。担当者の勧めでちぎり絵を持って行って貰った。
その「ちぎり絵」の展示風景を掲示します。

展示と観客の様子
お買い上げの方がどうかは判りませんが

全部猫でした

今日8日、スイス・チューリッヒでのアートフェアーについて報告があった。
ちぎり絵を出展してあって、何日か前にコレクトしてくださった方がいたという報告を
もらったが、一点なのかどうか良く聞く勇気がなかった。
出展したのは4点。その4点が買い手が付いたということが判った。まとめ買いでは無く、
4人の人に買っていただいたそう。誠に有り難い。
すべて「猫」で、少し強いもの、恐いものだった。可愛らしい猫は出さなかった。

売上金は来年の出品料として相殺させてください。とのこと。
わぉ!ブルネイ行きを控えて喉から手が出るほどお金が欲しい! というのに。

といった本日10月8日が終わります。
されど絵だけが行って他人の手(画廊関係者ではある)で4点も売れたということは
これまで無かったこと。嬉しいかぎりだ。ありがとう。

Brunei Dar ussalam に向かって

10月27日から29日までの短い期間のイベント参加だがようやく、ブルネイ王国行きが決まった。
決まった、といったが多田祐子の参加意志が決定をみたのが遅くなり、そのイベントを
企画推進する人々にはハラハラさせどうしだった。
標題が『JAPANESE CULTURAL EVENT Prologue for CULTURE TOURISM』と決定した模様。
会場が王様経営のエンパイアホテル 1F。
はじめこの計画が持ち出された頃は大きな作品を空輸の計画だったが、私の経済的理由から、
オイルパステル画の小品を15点、手持ちすることにした。
何しろイタリア製の大理石で出来ている壁には穴をあけるわけにはいかず、展示用のパネルの
準備が要り、スポットライトも必要となった。
しかし、日中の展示のみなので、スポットライトは要らないと、経費を削減してもらったところだ。
展示の半分はいわずともがな「富士山」。いづれも小品。
他に「書家」「茶道・お点前」「革作家」「陶芸家」が参加する。愉しみなイベントだ。

ブルネイの正式国名 ブルネイ・ダルサラームとは、永遠に平和な国 という意味なそう。
直行便がなく、香港経由で早朝便に乗り、夕刻にはブルネイに到着する。
翌日は飾り付け作業を。一日で終わる様に、それらがスムーズに運ぶ準備が要る。
その作業が始まっている昨今。24日成田泊、26日展示作業。29日夜撤去作業。といった具合だが
3日間は連日お祭り騒ぎ間違いなしとのこと。

いっぽう、スイス・チューリッヒのアート・フェアーに出品したちぎり絵はコレクトして下さった
方が出たと、報告があった。有り難い。犬なのか猫なのか?その内報告いたします。

バイオレットヘッドを掲示します

9月3日は13歳の姪の娘と日比谷で映画「少女ファニーと運命の旅」を観た。
彼女は今「アンネの日記」のアンネを知り、ユダヤ人のことが少し判るらしく
説明は要らなかった。見終わってから話しが弾むという内容ではない。
閑かに地下鉄に乗り「これあらた展」の会場、京橋・くぼた画廊別館に到着。
書家ではないが、請われるままに「輪」の一文字の額装を出展しているので会場に顔を出す。
10年以上も前になろうか、トルコ行きでご一緒した書家の小林さんとお会いする。
たしかブログにするということを口に出したはずなので、アップします。

お買い上げの方を探しております
40号サイズバイオレットヘッドとオイルパステル画
「輪」多田祐子作
左姪の娘かりんと「これあらた展」の企画者と出展者・小林氏

コレクションされた富士山「東君」

展覧会最終日。夫金城が心臓の大動脈瘤で手術する時、2012年4月であったが、先にやはり大手術された
桑名武司さんが、ストレッチャーに乗った夫を見送ってくださった。深々とお辞儀をされて。とても印象に
残ったが、あまたの入院患者さんの中で、親しくなってからなんと、金城とお誕生日が一緒と判り、とても
不思議な出会いであった。年は金城の方が少し上。月日が一緒ということで、あれから誕生日には一緒に
夕食を共にしたこともあった位。今年は私の展覧会初日の前日が夫の誕生日で、二人で生牡蠣やパスタで
お祝いをした。桑名さんはあれから又別の手術をしたはずだが、お元気かなぁ とうわさした。

さて、展覧会最終日。金城は初日に来て以来搬出の日にしか来ないという。まあ私の展覧会だから
退屈はお気の毒。その搬出の午後3時頃、ようやく現れた夫。
一度お昼頃にご来場下さった心臓の手術仲間で誕生日が一緒の桑名武司さんと奥さまのお二人が、
戻ってこられて、絵を選んで居られ、決まったところに、現れた。
桑名さんは「東君」を昔のボーイフレンドの名前かと思ったらしく、別の富士山にしようと、選んだそうだ。
「月」の異名で 1月 のこと、とご説明。東宮、春宮などの皇太子殿下の呼称に同じような、と。

で、「東君」に決定。
今日朝、絵が届き早速飾ったとメールがあって、写真が添えてあり、アップします。
集合写真は画素数を減らして送り直して貰ったのです。漸く掲示できました。

右端が桑名武司さん、隣りが夫金城 桑名政子さん と私
「東君」かざる、とある
コンテンツの配信