ようこそ多田祐子の世界へ

洋画家の多田祐子です。2007年6月から「Web サイト」を開設しております
<現在>
メディチ文化協会正会員
WAC世界文化交流会正会員
ハプスブルク芸術友好協会・宮廷芸術会員
ウイーン市芸術名誉市民
タイ国立シルパコーン大学客員教授 & タイ王室名誉技芸員
そして
NA SILPA (芸術の顔)の称号をタイ王国から2006・11・17 に
世界的名作遺産作家認定証 を選考委員長クリスティーヌ・モノー(ル・サロン会長)氏より2011・12・1 にいただきました
エルミタージュ美術館(ロシア)からは「友情と芸術の鍵」を2011・12・30 にいただきました
アジア文化顕彰 ソムラップ・キティヤコーン殿下(タイ王国王族)創設(2012.8.30)受賞
エルミタージュ世界芸術遺産作家認定 ロシア芸術協会 & 選考委員長クリスチィーヌ・モノー(2014.3.1)

認定に関しましては様々な国や市から頂戴しております。

また、次のところで展覧しております。  
【委託画廊:「Ashok k Jain Gallery 」ART d4】10 Grand Central,155East 44th ST. 6th Floor Suite 52 New York 10017
常設展示:「きままや」宮城県栗原市若柳川北新町裏250 090 2997 4465 
常設展示 : 「焼岳」奥飛騨温泉 奥飛騨ガーデンホテル & 朧

  はりつけ

ちょっと持ち合わせの
現金が無くて


支払えぬわが身を床に磔す 
月末前夜 アイデイア無くて
芸術関係の関わる各社に
支払いの出来ない今月の多田祐子

熱中症から誤嚥性肺炎

夫金城はとうとう寝たきりになってから2年近く経過した。近頃は車椅子を借りて、介護車輌に乗り換えたらドライブしようねと、励まし続けてきた。熱中症に注意していたが、背中が暑くなっていて、寝返りの打てない金城の熱がお風呂を貰えない37.5℃を超えてしまった。
ラコールという半固形剤の経腸用栄養剤は吐く事は無かったが、水分を吐いてしまうので、点滴をお願いした。
訪問診療の先生方が直ぐに点滴をして下さって、不足分は OS-1 という経口補水液でまかなった。
7月1日の夜遅くまで眠れずに時に水を吐き、血圧は平常ながら熱が37.1℃〜37.5℃。だんだん心細くなった私は往診をお願いし、夜中も心配で、救急車を呼びたい旨を先生に伝え、0時30頃に救急隊員が駆けつけてくださった。誤嚥性肺炎とのことで、何時誤嚥をさせてしまったものやら、判らない。
この細い坂道はバックで下ってくださって、医師のS氏も救急車が走り出すまで、付き合ってくださった様子がバックミラーでみえ、何時もの
横須賀市民病院の夜間救急診察室に入ることが出来た。
午前2時47分頃にCTへ。ストレッチャーで運ばれていき直ぐにもどってくる。再び治療室へ。
午前4時病室に落ち着いた金城は酸素吸入器がまだ外されていない。
面会が明日からは出来ないので、大丈夫よ、と声を掛けて、お休みなさい、と帰宅。
大分水分不足をおこしているとのこと。脱水症状! OS-1を上げているつもりでも、吐く方が勝っていた。

大勢のお世話戴く年頃の我々二人生き抜かねばと
目眩あるをしばし忘れし夫誤嚥入院させてまたフラフラす

残りのアジサイ
残りのアジサイ
凌霄花 今年もたくさん花をつけてくれた
凌霄花 今年もたくさん花をつけてくれた

同好会 かっぱ村二代目村長の49日

かっぱ村は昭和50年4月に発村した。当時は週刊誌記者だった大野芳が、文学の師である中河与一を村長に据え、自分は助役として遠野市にかっぱ探しに出掛けたりした。ノンフィクション作家として51冊(もっとあるかもしれないのだが)の著書があり、中河与一亡き後二代目村長として26〜7年かっぱ村を引っ張って来た。今年発村から47年目。
参与として走り始めた2年目。5月5日を命日に一期を終えた。肺がんでステージ4だったそうな。癌の著書を多数持つ本人。知人には10月頃までの命かなー、癌は準備ができるからいいよ、と語っていた。
何も知らないわたしは、電話をする時には、今はいいですか?と、聞き、“ 多田さんはいつでもいいよ” というお返事をもらっていたけれど、今思うに晩年であったのだ。“喉が乾いてね、”という時はもはや最晩年。今はもう話をすることが出来ない。かっぱ村50周年記念をどのように計画したものか、三代目村長や、相談役の皆さんとこれからの村運営を考えないとならない。

22日が49日にあたるので、浅草の曹源寺、かっぱ寺で、我々かっぱ村の有志が集まって追悼集会を行う。
宗派を超えて、ご住職がかっぱ村民ということがあってお引き受けいただいた。先代の義勇和尚さんも村民だったのです。
ここかっぱ寺には「安藤広重」と伝えられる紙本彩色軸装の「かっぱ図」があり、また「かっぱ堂」の格天井には
漫画家やらのかっぱの絵があり有名なのです。

大野芳をしのぶ会。明日の昼から始め、かっぱ巻きなどをつまみながら、それぞれの思い出話をしようと思います。
ご霊前に飾りましょうと、我が家の庭に咲いているアジサイを準備している。
今水揚げをしつつ、うどん粉病の虫と蟻を退治中なのです。

山紫陽花の3種
山紫陽花の3種
古いお札
合羽橋 かっぱ寺 曹源寺  とある
古いお札

寒いのです

月例の施設入りしている夫。その夫が居ないので、4日目ともなると家の中が寒いのです。体温36°c のひとりがいるのと居ないのとではかくも室温が下がるのかと、一枚余分に着ています。室温の温度計は24°c 。外は18°c 。今、夜ですが。
この10日間、ここの山に登る坂道が下水道工事で、昼夜24時間車両通行止めなのです。セメント養生に5日間があって、今のところ雨で工事延期ということは無くて、順調に工事は進んでいるのですが、後4日ほど要します。これからアスファルト復旧が終わるまで雨が降らないように祈っているのです。雨が降って、工事が終わらないまま24日が来ると
金城は車が使えないので、車椅子で山坂を登らないとなりません。施設には2日間多く預かっていただいて、これ以上はベッドがない状態なのですから、祈りは必死なのです。工事の人達は、小雨状態の初期のコンクリート舗装版取り壊しを、スケジュールどおり、こなしてくださっていてそれで順調なのですが。
宅配の車も郵便車も、来ません。住民は皆この山の下に設けられた駐車場に停めています。オートバイの人もです。
買い置きをしたつもりでも、3食食べていると無くなり、下まで下りるのが面倒になりつい、野菜不足になっています。
郵便物は郵便屋さんが電話でいるかどうかを確かめてから、運んできてくださる。今日も午後坂の途中まで行って、受け取ってあげたが、大きい箱だとわたしも音を上げる。そんな時は玄関まで運びますと言ってくださる郵便屋さん。
出そうと思っている箱詰めの荷物が2つ玄関に在る。駐車場まで10分。滑らないように明日は日曜日だから、午後3時までには行かないと、と思っている。それに施設に顔を出さないとね。
お天気はさいわいにも曇りマークの連続。降水確率40%の予報。
雨で車が通れない時には車椅子を押してね! とお願いしているヘルパーの力持ちお兄さん、が頼りだけれど、一人ではとてもとても無理な坂道。工事のスケジュール表と睨めっこのこの10日間。半分が終了している。

ここ2日この山坂を下りぬまま 蓮根うどん カルボナーラで    といった具合の怠け者です。

さつき
さつき

ひまわりのくみ飴

ウクライナ支援ということで「ひまわり」
のくみ飴がそのデザイナーから送られて来た。
くみ飴の「ひまわり」平和願い込め
届くを小分け 姪が手つだふ



くみ飴のデザイナー こは「ひまわり」で
贈りくれたり 人にも分けむ
郵便で小詰めでお送りするのですが
少々お待ちください。チョット疲労がたまっています。

わたしの空間

東側の庭が白詰草で覆われている。
奥の方は何やらいろんな草がはびこっている。春の草の丈は夏草に比べて高くない。刈らずにほっぽている。
刈る体力がない。それが本当のところ。
今朝18日のことだが、夫金城が施設にショートスティでいくので、車椅子に移乗するのをやってみようとしたのだが、
右腕にちっとも力が入らずに、残念ながら施設の専門の人にお願いした。そろそろ車椅子に乗せて数10分でも、ベッドから起こそうかと考えているのだが、また床に落としてしまうかもしれないね、と、力無さをガッカリしている。

黄花あやめは次々に咲いてくれる。まとまって咲いていないので、ようやく3本撮影した。

刈られても刈られても咲く
刈られても刈られても咲く
白詰草 
白詰草 
ご近所の人がご自分の育てた花を持って来てくださった
わたしの白詰草も混ぜて
ご近所の人がご自分の育てた花を持って来てくださった

50年前の写真を

見つけました。懐かしくて、居間の床に置いておいたことをすっかり忘れて、探していたのです。
沖縄復帰式典の日本武道館に向けて行列している私。後ろの人たちはどなたなのか思い出せません。
前を行くおじさんたちが3人写っているのですが、ご存命ですと、叱られるやも。トリミングしました。

この頃、婦人公論に詩を投稿していまして、選者が関根 弘氏。何かマイクを握って話している私の後ろに写っている
人がその関根弘氏。ここが後にかっぱ村の新年会を開催する所になって、現在も続いているのです。初め、この地下にあるお店に入ったときに、ウーン!なにか来たことがある? だったのです。

末次一郎事務所時代に安全保障問題研究会、略して安保研の国際会議が京都国際会議場であったのですが、
私はその時、“ あご あし 宿 ” が担当でした。
ホテルにどの先生が泊まる、いつお帰りになる、食事は何人分といったことです。
写真はロシアからの先生の秘書でしょうか。一緒に枇杷の実を食べているのですが、それ以来枇杷の実が好きになりました。あまり甘くもない果物。とにかく47年くらい前の時代ですから、そんなに現在のようにいろいろと贅沢な果物ってありませんでした。
白いパンツスーツをきていますが、この洋服は森英恵さんが、白い色が似合うのね、と言って下さったもの。
その人が森英恵さんとは知らずに、森英恵の店で買ったものでした。

井の頭公園の近くに住んでいた頃はよく公園で絵を描きました。もう描くところがなくなってしまったぐらいでした。
写真は姉が写してくれたもの。しかし、姉が娘をあやしているものがあって、これは誰が撮ってくださったやら?
姉はこの頃はそう遠くないところに住んでいたんで、こんな写真がある。ありがたい。
先日飴デザイナーが送ってくださった飴を小分けしてくれた姪が、大学生の娘と中学2年の息子がいる。
50年。いろんなことがありました。
金城は沖縄には小学校の6年の最後のほうから、高校までのおよそ6年間しか住んでいなかったのです。
4歳から12歳まで育った福岡県の筥崎宮の近くが彼にとっては古郷。まあしかしながら沖縄もふるさとに違いない。

沖縄本土復帰記念式典に向かう
沖縄本土復帰記念式典に向かう
京都国際会議場で休憩時間にロシアの青年と枇杷の実を
京都国際会議場で休憩時間にロシアの青年と枇杷の実を
井の頭公園で姉とその娘  そして私
どなたが撮ってくださったやら
井の頭公園で姉とその娘  そして私
姉の撮影
姉の撮影
ノアノアでの「おんなの机」出版記念の会
後ろが詩人の故関根弘氏 選者
ノアノアでの「おんなの机」出版記念の会

沖縄復帰50年

沖縄復帰50年なので、50年前の写真を探していました。
日本武道館で行われた復帰式典に参列したのでした。
末次一郎さんの元で働いていた時代です。復帰に奔走した末次一郎さん、知る人ぞ知るの人でした。
武道館に向けて行列が進行しているもので、ミニスカートの時代。私もミニスカートの時代があって
履いている写真なのです。
先年、何かの拍子に見たのですが、探すとなると見つかりません。

今日は、同好の村「かっぱ村」の2代目村長の告別式でした。かっぱ村から何人か駆けつけてくださったのですが、
夫金城が寝たきりなので、お別れの式には二人で参列できないという有り様。
2代目とはいえ「かっぱ村」を起こした、ノンフィクション作家。
一代目の中河与一の弟子で、中河与一を村長に担ぎ出した、という人。
彼の遺言で、金城は終身助役。急逝を耳にして、2日間程泣いていたのです。
先日も架かって来る電話に応じている私の声に胸を詰まらせたらしく、水がお腹に入りませんでした。
彼に聞かせつつ彼の気分で弔辞を書きまして、お届けしました。
僕よりはやく逝くなんてひどいじゃないか。
そんなに遠くに行かずに、僕が逝くときには出迎えてくれよ、な。
おなくなりになる24日前のお手紙に、『僕もとうとうダウンです。少し休みます。』とあって、
最後の力を振り絞って書いてくれてありがとう。といったいった内容でした。

お葬儀に参列してくださっている人たちを思いながら、そして何より突然、逝ってしまった村長の思い出
を、脳裏に描きながら、何も進まないので写真を探していたのです。見つかりませんでした。
びっくりして連絡して来る村民に説明して、「号外」をだしたのですが、開始時間を入れ忘れているので時間を告げたり死因を書いていないので、電話が長くなるのです。
金城のお夕飯、胃ろうで、半固形剤のラコールという栄養剤ですが、遅くなったりしました。

今日は薄曇り。花壇のサツキの花が咲き始めるようです。
黄花あやめは今年もちゃんと咲きました。

今日の一首
墨の香に誘われしか蜘蛛硯の辺行き来するかもみどりもゆる日

明日は開きます
明日は開きます
ふ入のサツキです
ふ入のサツキです