源平しもつけが咲きました

草茫々の庭。ワイルドになってしまっている。まぁ何時ものこと。夫が元気ならチョットは手入れをしてくれるのだが。
刈って欲しくないものはその回りを刈っておくように、といって仮払い機でかってくれるのだが、自分が植えた山紫陽花やら
山椒の木やらを、すっかり忘れて刈ってしまう。よもや自分が買った来て植えたものまで刈るとは思わないから、毎度呆れるのでした。
松の木が伸びて困っている。時々手入れしてくださったご近所の小父さんが3年ほど前に亡くなったので、自分で手入れするしかない。秋まで待とう。
そんな荒れ庭に源平しもつけが咲いた。肥料を遣らなかった所為で花の塊りが小さい。
花壇ではサツキが咲き始めている。去年の夏前に花が終わって間もなく、思いっきりカットしたつもりが、まだ足りなかったらしく
まばらな咲き方。今年は早めに深く刈ろう。

8月24日からの展覧会は開催出来るだろうか?コロナには困り果てる。
今日一枚どうにか完成?させた20号サイズの絵の題名を考えている。題名を決めて描いていたが、そぐわないようだ。
40号サイズのものはイメージ通りにいかない、といった塩梅。
夫は土曜日からショートスティに預かって頂いている。左腕が力が入らずに、よく床に沈めてしまう。
朝方は力があるのだが、夜にはベッドに移ってもらおうとして失敗してしまう。ご近所の若者層に助けて頂いている。
夫に左腕が痛いのよというと、笑っていました。
ズーッと一緒にいたいところなれど、二週間もしないで、力尽きる。こんなに力が無いって思いませんでした。
右手首は治っています。

ではサツキとしもつけをアップします。

サツキ
源平しもつけ