国際博物館会議京都大会後援イベント展参加

九月三日 四日 五日と『みやこメッセ』特別展示場に上記のイベントがあって、私の作品は、京都岡崎の平安神宮前
京都伝統産業ふれあい館・みやこメッセ特別展示場に展示された。5日の今夜は夜9時まで開館予定である。
2011年10月から11月にかけて京都左京区岩倉で、第55回の展覧会を開催したのだが、多くの京都方面の方々にご来廊いただいたので
今回、ご案内をさせていただいた。
3日は午後3時の開場であったが、4日とも夜遅く20時まで観覧できる。
“つくりびと”総合芸術展 という触れ込み。まさに総合芸術展であった。
3日午後1時半頃着の新幹線で、出掛けてきた。
知り合いがお宿を提供して下さって、一泊の旅。この展覧会も夫と一緒に行こうと計画したのだが、やはり夫は医師のいう新幹線の
微動問題で、諦めざるを得なかった。朝方施設に「行って来ます」と顔を見せ、翌夕刻4時半には“ただいま”というスピードでの
京都行き。

長いお付き合いの夫言うことろのおあねさまが、和菓子を準備くださって、濃茶を振る舞ってくださった。
そして、夜は、知り人の家で午前2時までおしゃべりを。
おしゃべりが過ぎて、眠れぬままに、8時には顔を洗って、お化粧。
11時の開場にあわせて、車で送って戴き、一応2日目も自分の作品に対面して、京都伝統産業にも触れ、また車で駅迄送って戴いた。
帰りの新幹線車内では眠りっぱなし。さいわいにも空いていました。

出展作は『西行』さまよう心 20号サイズ

スポットライトが当たっていない時の撮影でした
西行・さまよう心/ 20号サイズ