日仏 < 3 アートアカデミー展

上記の催しを今日18日土曜日豊洲に見に行った。豊洲文化センター1Fギャラリーへ。
新橋駅からユリカモメに乗ってゆったりと行ったは良いが、終点とは知らずになにやら急ぐ私にはなかなか辿り着けずに、最果てに来た感じ。しかしながら駅を降りて見ると、東京の街。
特製の化粧箱の展示で、2019年1月のパリ・マドレーヌ寺院で開催された展覧会と同様の第2ダン。
会場には総合監修のARTEC(欧州造形美術振興協会)代表 フランソワーズ・イカール=ラングロア(アカデミ・フランセーズ/芸術学士院会員&理事長であった建築家クリスチャン・ラングロア氏の妻) さんがおられ、およそ20年前の
ARTEC横浜時代(パシヒコ横浜)に撮影した写真を持参した私を良く覚えていてくださって、再会は楽しいものであった。
今回の魅惑の化粧箱は、シックな絵。『旧き もの』がいい、と選んだのは担当者の若者で、前回の賑やかな絵とは
対照的である。いずれこれらの化粧箱は使用せずに大切に保存。美術館ができた暁には展示品となろう。
現代、素敵な化粧箱は沢山あって、わざわざ作るということは自分の作品であることが意味のあることで、それ以外には無い。たった一つの化粧箱である。最小ロットはひとつ、ということは商業ベースではあり得ない。
そう思っているところ。

今日の会場でのイカール氏との写真を掲示します。
イカール氏が持ってくださるのが今回の化粧箱。
私の掲げているポスターは、パリのマドレーヌ寺院で化粧箱に使用した『ウイーンの森の恋』
遠く携えて来られたロワール地方のクッキー、手作りのクッキーを頂きました。
ありがとうございました。merci beaucoup Mme.

歌二つ
遙けくも携へしクッキーいただきぬイカールさんのロワールの味
少し割れ長旅に在りしクッキーのレーズン甘し友情香る

一点ものの化粧箱の展示会場で
Mme Francoise ICART=LANGLOIS 氏と