令和元年4日

2日前の令和元年2日。歌で。
車のキィ見失いしを伝へれば 片ほほで又と笑ひくれぬ夫は
エンジンがかかる近くにキィはある なほなほ探す車内とバッグと

狭い隙間に入っていた鍵を後で探そうと、とにかく金城に会いに行ったのです。
未だ何処に落ちているのかわからない時点で。
荷物のバッグの中にも無い。ハンドバッグにも無い。ポケットにも無い。
焦りつついるのですが、心配かけてはいけない! と数時間。
しかしまた明日ね って帰る時に実は、車のキィ が無いの
と。アッ! ただ今別居中です。夫金城は施設に居て、ただ今リハビリ中。
脳出血を起こしてしまいまして7ヶ月が過ぎました。

で、結局は笑ってくれた金城の "また“ が示す通りに、車内にあったのです。
狭い隙間に入って居ました。

昨日の夕方に庭の草刈りをしていましたら、しじみ蝶が飛んでいました。
もう草陰で休んでいたところをガサガサしましたから、慌てて出てきたのです。
3〜4匹でした。真っ青のシジミ蝶と茶色っぽい蝶でした。
4日朝、庭に出て蝶を見ているといました。いました。嬉しくなりました。
また 歌 に。

シジミ蝶露に堪えるかその飢えを 花の少なき庭を飛び交ふ

カラーの花が咲きました。

虫に会っていないカラーの花
茜富士 加筆しました。
未発表
焼岳