3月31日

良く晴れた日曜日であった。春はもやっていることが多く、富士山は望めない日が多いのだが、今日はシルエットの美しい富士山が愉しめた。
姪の娘が友だちとお泊まり出来てくれた。ヨモギを摘んで、明日の草団子の準備をして、海岸に夕陽を拝しにドライブ。
丁度そんな時間。夕闇の訪れの前に、夕映えの空が広がって、富士山のシルエットが何時にも増して美しい。
久し振りに見る空と富士山。雲の形が迫力を増してくれている。
お嬢さん二人が冷たい海の打ち寄せる波に素足で戯れていて、私は車まで戻って、濡れティッシュとタオルを運んで、召使い。
そんな3月31日の二度と戻らない愉しい夕刻を過ごしたのです。

海から出て足の砂落とし
召使いの私
富士山と雲