横浜DeNA BAYSTARS

逆転で勝つ試合見る野球場後輩ふたり所属のチーム
横浜DeNA BAYSTARS が クライマックスシリーズへの進出を決めた。
このチームには今ふたりの後輩がいる。
抑えの投手山崎康晃と、捕手の嶺井博希。
嶺井捕手は今のところ、2軍で戦っている。
大学時代は、ソフトバンクに所属の東浜とバッテリーを組んでいた。
今日の昼前に、車で4〜5分のBAYSTARSフアンの所に行き、ハイタッチで
喜んできた。このファミリーは、いろいろなグッズを持っていて、
お祖父さんから小学校4年生のお孫さんまで全部で応援している。
我々も神奈川県に住んでいるので、以前から、応援してはいたが、
夫は一番は阪神。嶺井捕手がいて、山崎投手がいて私の手前いまやフアン
である。
このクライマックスシリーズで勝ち進んでいったら、もう大変な騒ぎ間違いなし。
どうか勝ち進んで欲しい。
山崎が打たれると、ヤツザキ、八つ裂き、と、愛のヤジが飛ぶ。
その山崎投手が、セーブ32勝。
8月の同窓会横浜支部に参加した時点では、皆心配の顔。
おめでとう、BAYSTARS。クライマックスシリーズを期待していますから。
写真は激励会の時のものを掲示します。

山崎投手と 3/20
嶺井博希捕手と。右は大野徹氏。左は長谷川清氏
左 山崎投手。右 嶺井博希捕手。