1月28日月曜日

先週はグループ展が銀座と国立新美術館の両方であり、電車に乗ってばかりいた。国立新美術館はハートアートコミュニケーションの主催でわたしは「カマル」アラビア語で「月」を出品している。13室で、入って直ぐの処に飾ってあった。3階の奥が会場。2月4日までの期間。銀座の方は終了。「嬉野の月」を出品していた。
28日月曜日の昼前にスーパーに行くと、知り合い3人に出会う。その中の一人に、車汚いねー、洗いなよ。とご注告をいただく。ハイと言いつつ洗わずに帰宅。スーパーに粉セッケンを買いにいった。洗濯物がたまっていたので洗濯を。後は電車の往復中に読み続けている江戸時代の岡っ引きの文庫本に神経が行く。暮れから29冊読み今30冊目。
キャンバスが届いているので地塗りを始めなければーと、気になりつつ読みふけっている。いつも冬は冬眠だったわよ! と自分と戦っては1790年頃の徳川家重、家斉時代
を楽しんでいる。
スーパーで出会う人は午前と午後又夕刻では違うということも分かった。3人のうちの2たりは私のHPに立ち寄ってくださる方がた。ノロウイルスのことが話題になり、ニュウヨークのことが話しに出る。2月9日にニューヨークの画商Mr,jainと会う。ドイツのart showについてkarlsruheに行く?行かない?行かれない、といった会話が予想されるが
そんな話しをする。昨年5月にお世話になった小坂サロンの彼女は真新しいBMWに乗って笑顔で帰っていった。
さて、またまた江戸草子にもどりますか。