弥生の空

2月が29日まであって、その閏日、もうかったきがする。何をしたかというと、ハッポースチロールの小さな箱を利用して、簡単だけど
きれいな作品を作った。15年まえに作ったものを我が家の壁に今も飾ってあって、何とか大丈夫そうなので、13個つくった。
糸の美しい色の物を買ったのは大分前。ハッポースチロールと糸で作る簡単な作品。
今日はサインを入れて、埃がつかないようにそれぞれを箱に詰めた。さまざまな小函を捨てられずにお取り置きしてあるのが、役に立つ。
施設でお世話を戴いている夫を6日から自宅で過ごして貰う。ディサービスや訪問介護、ショートスティを利用して。
一度引き取ってもらったベッドが3日にセットされる。そのベッドをセットするスペースを便利に使っていた。
空けなければならず、急ぎ制作。また、海外から帰ってきた作品の数々も置いてあって、動かさざるを得ない。
弥生の空の晴れ渡った中、郵便局にも急ぎ行った。
糸を操っていたら、肩こりがひどくなり、難渋している。

さて、旧暦でも閏日なのかと暦を確かめる。3月23日が旧暦の2月29日。お彼岸の明けの日に当たっている。
ちなみに、西行法師の「願わくば」の歌の如月の望月の頃という日は、今年は3月10日。はたして桜は?
弥生の望月が4月8日。これでは桜は散っているでしょうね。“望月の頃”ということなので、かけ始めの月よりは、充ちてくる方の月、
と思いたい。13夜、とは云っていないし、上手に願いどおりに春に逝ったのだが、3月23日が命日。旧暦の2月29日である。
翌24日が新月。望月では無く新月ということで、月は出ていなかった、のですね、西行さま。

明日はいよいよ家の中を整理整頓です。
今日の作品を少し紹介します。

題はこれからです