寒い日々

寒さが続きとうとうシクラメンの花が咲いているというのに、枯れてしまった。暖房のある部屋では、消耗が激しいので
何時もの様に玄関で咲いていてもらったのに、今年の寒さは例年に無く、シクラメンの花を萎えさせてしまった。
ゴメンね、である。
今朝の気温が−4℃。表の気温だが。明け方の南の天に明日の下弦の月が。明日はもう見上げないかも知れないので
下弦の月の歌でもものしようかと、。思案中

1月23日の大雪を夫に少しだけ加勢して私も雪掻き。
そのときの歌

俊成がめでたきものよと口にせし雪を味はふ臨終あらねど
死の床にめでたきものと俊成の口にせし雪まことめでたき
俊成の死ぬべくおぼゆと死出の旅雪をかきつつ思ふ朝なり

俊成とは藤原俊成
先日「をんなの時間さまざまⅩⅩⅥ」を歌39首で手作り完成。
まだ発送は出来ていない。
上記の歌は次の「をんなの時間さまざまⅩⅩⅥⅠ」に入れる三首。

絵のほうはもちろん描きます。
2月3日の節分の日に思いがけずに以下のようなことでした。

ゆきあひし節分祭の行列よ かっぱも接す福の袋に
雪残る境内今日は節分祭 福袋にあづかる花園神社

私が口にしましたのは植木に積もった雪でした
1月23日の雪