冷房風邪を引きずっています

暑いブルネイ王国から帰って一週間以上が過ぎた。10月27日に軽く引いた冷房風邪が治らない。
部屋が「強」の冷房設定だったので寒く、切って丁度良い加減。ドアを開けて一歩廊下に出ると寒い。日本を出るときに着ていた上着が役に立った。

ブルネイ2日目。飾り付けが終了した10月26日の午後4時、ブルネイ王国のタイ大使館に行くことが出来た。
タイ大使館で、故プミポン国王陛下の一周年の弔問行事があり、私がタイランドとの間に色々と繋がりがあることを知ってくださった
今回の日本文化紹介を企画進行してくださった大河内氏が誘って下さってご一緒出来た。
サワデカ、と、皆さんにタイランドの挨拶。プミポン国王陛下の遺影の前に白い花を捧げた。
大勢の弔問客やボランティアに混じり、直会のようなお食事をいただく。
タイ大使館の大使夫妻ともテーブルをご一緒した。大河内氏の奥さまお嬢さまがご一緒だったので特別なことになった。
そのテーブルにはドイツ大使館の大使夫人もおられ、翌日のエンパイアホテル
で行われるセレモニーでの食事のテーブルがなんとご一緒だったので、お隣のタイ大使のトニーさんに1998年10月のプミポン国王陛下謁見の写真をお見せできた。
大使のトニーさんは「とんかつ」が大好きだそうで、食事をしているというのに日本のとんかつのお店の写真をiphoneで私に見せてくださった。
奥さまのアンさんは、日曜日、最終日の午後ホテルでのゴルフを終えて会場に私を探されたそう。午後4時からのマングローブツアーに参加した私は、
後で知って 残念。

27日のオープニングセレモニー。ギフトとして持参した他にクジ引き景品とした作品があったが、提供数が多すぎたせいか、私のところ辺りで、クジ引きが終わった。たった一人当たった方はドイツ公使という。そこで私は、タイ大使夫妻、ドイツ大使夫妻、に景品を割り振った。
すると大河内氏夫人が、昨日のタイ大使館で同じテーブルにおられたキャサリンさんにもというお顔。もちろん選んでいただいた。そして大河内氏夫人の機転から
イギリス大使夫人とそのご子息が見つめていた作品「海の支局」が、イギリス大使のご子息の元に残った。背の高いハンサムボーイ。

この後の元国防総司令官ジャファー氏の邸宅での夕食会には風邪をこじらせて欠席をせざるを得なかった。
オープニングの時に持参したトンボの玩具を、私は興味をみせたご老人にプレゼントしたが、そのご老人がジャファーさんだった。ジャファーさんからのお土産は
銀に七宝のぼんぼん入れ。とても重たい。翌日のマリアム元王妃宮廷での夕食会でお目にかかり、前夜のお詫びを申し上げたのだった。
マリアム元王妃にも同じトンボの玩具を、作品に添えて献上。絵は''つづま(約)やかな''作品です、と言葉を添えた。こういうものこそ私は嬉しいのです。とのお言葉を頂いたのです。
元王妃からのお土産は古いコインで現国王が刻印されている。

タイランド大使館で頂いた故国王の写真集を掲示します。なお、100名近いボランティアにつく人々が身につけていた
黄色のスカーフと黒い帽子、Tシャツは現国王からのプレゼントとのことでした。

タイ大使館で頂いた故国王陛下の写真集
貴重な機会を与えてくださってありがとうございました。
同じく写真集